スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自家製秘伝のたれ」考

Posted by みら on   4  0

炒め物や焼き物やラーメンスープに、自家製のたれがあったら便利だろうなぁ…と長いこと思いつつ、しかし肉料理や和食が極端に少ない我が家の場合、タレの登場回数も少ないか…と躊躇中(←早口言葉は難しいね)。


そんななかでも、tugukiさんの「魔女ダレ」や、ソレイユさんの「とっておきの“タレ”」なんかは、作ってみたいトップ候補。
…だったのが、自分の重症な玉ねぎ・葱・にんにく・アレルギーのおかげで、悲しくも棄権。(って、競技じゃないんだから…っ)。同様に、市販のタレや英国人に人気のTeriyakiソースなんかも退去。


しかし、玉ねぎやにんにくを使わない、ごく基本の「たれ」っていうのも存在するんじゃないか…とググってみると、結構レシピが出てくるものですね。
で、配分の違いこそあれ基本は、

醤油
みりん

砂糖


たとえば、うなぎやさん(川口水産)のこちらのレシピは、ぜひとも試してみたい「たれ」の筆頭。
>> 超本格的なたれの作り方


…が、再び問題。
和食材、アジア食材店が一軒も存在しない辺鄙な場所(>ここ)では、「みりん」の調達が難しい。ロンドンから取り寄せるって手もあるけれど、そこまで高いみりんを買って作るほどのものか?と自問自答すると、やる気減退。


しかし単純に考えれば、みりんは「酒+砂糖」で代用可。(米麹や焼酎で本みりんを手作りするのは到底無理として…)。日本酒はもちろん入手困難だけれど、これはシェリー酒で代用してもいいだろうし。(…といううわさ。私はまだ代用したことありませんが…。)


でも、「酒も砂糖も、結局"タレ"の材料やん」(↑)…と堂々巡りして、「まさに、これだわ!」とたどり着いた記事がこれ。
>> 秘伝のタレを隠し持とう!(耐乏Press Japan)


砂糖
醤油


すばらしい!
んが、これだけのために、わざわざシェリーを買ってくるのも大儀。なら、イギリスで手に入る安酒で砂糖もたっぷりなもの…と、ふと手許を見たら、「なんだサイダー(りんご酒)があるじゃないか」と。


実はこれまで、煮込み料理の風味付けに、サイダーをどぼどぼ注いだことがありまして、これが結構悪くない。
ということで、みら家秘伝のたれ(←全然秘伝じゃないし…笑)の材料、決定。

醤油
サイダー(りんご酒)


応用編は、

醤油
ペリー(洋ナシ酒)


いいのか?こんなに単純化して…(>自分)。


とりあえず少量から実験開始。
…というわけで、次回に続く。ほんと?(笑)。

関連記事

-4 Comments

tuguki says..."Re: 「自家製秘伝のたれ」考"
醤油に甘みのあるフルーツのお酒のタレ...。
これ、すっごく、美味しそうです!
続編が楽しみ~!

2008.08.10 15:06 | URL | #- [edit]
みら says...""
> tugukiさん
究極の単純化はこうなるかな…と(笑)。
実は今日は違うので実験してみましたが、結構goodでした。あとでアップします!
(でもやっぱり、魔女ダレが作りたひ~~。泣)
2008.08.11 06:46 | URL | #mQop/nM. [edit]
ばこ says..."Re: 「自家製秘伝のたれ」考"
私も楽しみです! >続編

密かにワタクシも魔女ダレのファンですが、『酒も砂糖も、結局"タレ"の材料やん』って同様に悩んでおりました。でも一合ぐらいなら、みりんも健康食品店で入手できそうなので、ブレンダーも買ったし近々やりたいです。
2008.08.11 06:58 | URL | #ZWgj1ies [edit]
みら says...""
> ばこさん
なんとか、(超)簡単バージョンで試してみます。笑
魔女ダレは私も憧れなので(ばかばか、アレルギーのばかっ(号泣))うらやましい。あとで感想聞かせてください。

ブレンダー・ゲット、おめでとう!
2008.08.11 08:36 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1860-a5c7a1c5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。