スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんざい

Posted by みら on   8  0

これでも一応、昔はエコ派だったので、お洗濯洗剤や食器洗い洗剤にもこだわって、Ecover(エコベール)シリーズを使い続けたこともあるのですが、使い心地に納得いかず最近は遠ざかり気味。(とりわけ食器洗いのエコベールは私とは相性合わず…。)
エコ系では、ドイツ時代に使っていたカエルマークの「フロッシュ(Frosch)」が一番だったかな…と思うも、ここでは容易に買えんしなぁ。


で結局、最近は安易にも(環境にも動物のためにも悪そうな)P&G系。すみません。
…と、そんなわけで、生活臭いっぱいのエントリー(笑)。我が家の洗剤シリーズ。


まず、食器洗い洗剤。
どぎつい香りと色の洗剤が多い中、香りがかなりマイルドで気に入っているのが、フェアリー(FAIRY)の「ピンクグレープフルーツ+ミント」。


食器洗いとイギリス人…といって有名なのが、「イギリス人は食器を洗ったあと、すすがない」ですかね(笑)。
ま、最近は食洗機が入っている家庭が多いし、"すすがない習慣"っていうのも英国人全部ってわけではないようですが、実際これを(会社や他の家庭で)目撃すると、正直「げげっ」と思います。はい。


私が目撃した例では、1) シンクや洗い桶の中に、(熱湯に近い)お湯と洗剤を入れて泡立て、2) 汚れた食器を入れて、3) 石鹸水の中で洗って濯いで、4) 食器立てに立てて、5) 布巾で泡をふき取って、完了。(げっ)
息子の家庭科の先生が授業で教えた「食器の洗い方」も、"熱湯の中に洗剤と汚れた食器を入れて、ゴム手袋をして石鹸水の中で洗う"(洗剤の泡は真水で洗い落とさない)。…ってことだったらしいので、伝統的手法なんでしょうかね。(?)


水は無駄にしないのだけど(←リンスしない理由のひとつ)、でも、洗剤が残っているようでなんだかね。
やはり、この習慣を疑問に思うひともいるようで、Guardianの「Notes & Queries」にも、「なんで濯がないの?」っていう質問が載ってました(笑)。
>> I cannot understand the British habit of washing and rinsing dishes in the same dirty water, and drying them without washing off the soap suds. | Notes and Queries |


この「答え」の中に、イギリスのタプ(蛇口)は、冷水と熱湯が別れていて、ミキサー(混合水栓)タイプが少ないから…ってのがありますが、これにはなるほど。
うちは築6年くらいですが、バスルームの洗面台はまさに冷・温独立タイプ。使いづらいです。キッチンは意地で混合型に変えましたが、水栓自体が独立しているらしく、蛇口はひとつでも、右から熱湯、左から冷水って具合で、変(苦笑)。


話がそれてきたので(毎度)、お洗濯洗剤に話を移しますが、これも私、結構使ってます。おそらく市販されている洗剤は全部試してみたかも(笑)。


一番ユニークだったのが、環境にやさしい「ランドリー・ボール(Laundry Ball)」ですが(こんなの)、これは全然効果なくて(うちの場合)、2ヶ月ほどでやめました。
とか言いつつ、柔軟剤代わりの「Dryangles Dryerballs」とか、糸くずキャッチャー「Lint & Tissue Catchers」とかは、試してみたいかなぁ…とも思っているんですが…。


ま、そんな感じですが、最近一番気に入っているのが、「ボールド 2in1(Bold 2in1)」の「ホワイトダイアモンド+ロートスフラワー(White Diamond and Lotus Flower)」。
ボールドは、柔軟剤効果もしっかりあって好きです。
CMも、Cheesyで洗剤っぽいありがちな安っぽさで好き(笑)。




関連記事

-8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.17 03:00 | | # [edit]
みら says...""
そうなんですよね。実際これを目の前で見ると、やはりお茶を飲む気が失せますよね。あはは(涙目)。
2008.08.17 11:30 | URL | #mQop/nM. [edit]
tuguki says..."Re: せんざい"
アメリカ人も濯ぎません!
泡だらけの食器を布巾でふき取るのを見たときもショックでしたが、バブルバスも、出たらタオルで泡を拭取るだけと知ってビックリ。
オーストラリアに住んでいる友達も、食器を濯がないオーストラリア人...を愚痴っています。
この、濯がないシンドローム、彼女の仮説では 水がとっても貴重な砂漠で生まれた宗教 キリスト教 の影響...だそうです。
2008.08.17 13:47 | URL | #- [edit]
みら says...""
> tuguさん
やはりアメリカでもオーストラリアでもっ。
そうか、キーは水ですね。無駄遣いはしない…と。ふむふむ。
しかし泡のあとつきコーヒーとか、きっついですよね(w
こちらでは、洗剤が殺菌効果となり、食中毒の予防にもなる…って説もあるようですが、なんか違う毒がついてそうでこわいです。
2008.08.17 23:58 | URL | #mQop/nM. [edit]
ばこ says..."Re: せんざい"
アイルランド、ニュージーランドもすすぎません!
ランドリーボールの類似品、私も使ってました~。確かランドリーリングって名前?全く効果なし。とほほですわ。
ちなみにアクリルたわしを使うようになり、食器用洗剤はほとんど使わず済むようになりました。でも水はいっぱい使うし(って普通の日本人程度でしょうが)、エコではないんだろうなあ、と思うことしばし。

主婦ネタ、ありがとうございました。
2008.08.18 06:11 | URL | #ZWgj1ies [edit]
みら says...""
> ばこさん
きゃあ、すすがない国、全員集合!(違)
すごく効果ありそうなんだよね。>ランドリーボール
やはり、ばこさんちでもだめでしたか。
アクリルたわしは私も好きです!
2008.08.19 08:12 | URL | #mQop/nM. [edit]
fluffy says...""
やはり水が貴重って事でしょうか。臭いが料理の邪魔をしたり、洗剤が残っててスープが泡だったりしないのでしょうか(@_@;)
バブルバスも本当にそのままなんですね。私は肌が弱いのですぐにかぶれそうです。
2008.08.21 07:38 | URL | #- [edit]
みら says...""
> fluffyさん
私もです!>お風呂
バブルバスでもせっけんでもシャンプーでも、泡は流さないと肌がおかしくなってしまうので、これもいまだに気持ち悪いです。
洗剤つきだと紅茶の味は確実に変わります(うっ)。会社で誰かに淹れてもらうとき、とっても注意深くなる今日この頃です。ひぃ~~。
2008.08.21 08:45 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1866-cf587c1e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。