スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工作員

Posted by みら on   2  0

いつか書こうと思いつつ、ずっと機会を逃していたこの映画。
クライヴ・オーウェン(Clive Owen)とジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)の「ディレイルド(Derailed)」(2005年)。


アニストンの熱演(?)はわかるものの、どこか説得力に欠け、途中で謎が解けてしまうとさらに面白みに欠けてもくるのですが、しかし期待せずに見れば、娯楽として楽しめるのではないか…と。
しかし、「男って…」と思わざるを得ない展開であります(笑)。




ところで、なぜ突然にこの映画を思い出したかと言えば、Timesのこの記事。
>> Japan's new professional seducers (Times Online)


日本では最近、離婚や復縁を裏工作するプロの工作員が増えており、夫と別れたい妻のために夫を誘惑、離婚のための浮気に導いたり、復縁するための工作に一役買ったりする仕事をしている。…のだそうで、日本のふたつの探偵社の実例が紹介されています。(うち一社は、近いうちに英国支社を開く予定なのだとか…。)


これは日本のみならず、映画「Derailed」じゃないけれど、どこでも似たような仕組みがあるのではないか…と予想しますが、しかし「Times」なんかで、こんな風に改めて取り上げられてしまうと、(日本に対して)あらぬ誤解を招くよなぁ…という気にもなります。


記事を書いたのは、レズリー・ダウナー(Lesley Downer)。
「マダム貞奴―世界に舞った芸者」や「血脈―西武王国・堤兄弟の真実」等を書いた、日本通のイギリス人ジャーナリスト。(お母様が中国人)。
彼女の著書は読んだことがないのですが、彼女が「日本」や「日本人」について書いている記事に、時々「はぁぁぁ?」と感じることも多いです。


所詮、イギリス人がなぞる「日本」か…と思うと同時に、私たち日本人が「イギリス」について語ったとしても同様なんだろうなと思ったりもします。
レズリーが日本に滞在したのは、オン/オフで15年。私もドイツ/イギリスに15年いますが、それについて何か語れるとしても、結局は表面の5%程度か…と、常に自分を戒めるように生きているのも事実デス。

関連記事

-2 Comments

ころーる says..."初耳です。"
そんな工作員が日本にいたとは・・・早速頼まなくちゃ(違)。

どこの国でも同じですが、日本でも外国人が和歌を
詠むとか、いつも和服を着るとか、そういうことで
その方は「青い目をした日本人」的な紹介のされ方
をすることがありますね。

数々の番組に自称日本通の外国人が登場して
あれこれ語っていますが、「はぁぁぁ?」と思うこと
多いです(笑)。

やっぱり切り口が日本人とは違うというか、そこが
私は素晴らしいと思うのですけどね。

しかし、本当にみらさんは謙虚ですね。
とても美しい心の持ち主だと思いました。
表面5%でもいいので、ぜひ、みらさんの切り口で
語ってみてください。
いつも楽しみにしています。
2008.09.02 23:52 | URL | #mWt2sFS6 [edit]
みら says...""
> ころーるさん
> 早速頼まなくちゃ(違)
あはは!

Timesの記事は社名入りなので、その探偵社の日本語のサイトを読むと、むしろ人助けに近いようにも思えるのですが(DV夫と別れるための証拠作りとかストーカー対策とか)、こうやって英文だけ読むと、なんか小説の中の話のようで、これは誤解も広がりそうだな…と思いました。
DVや離婚、シングルマザー等に関して、社会の見方がイギリスと日本とではまったく違うので、そのあたりのことを知っていないと、この記事は「変な日本」としか見えないかもです。

住んでるだけでは見えないことが多いんですよね。
ところが住んで一部を見ると、大部分がわかったような錯覚にも陥り、そこがこわいかな…と、時々思います。
逆に、日本に滞在したことがなくても、「日本人気質」を精神的にわかっている方もいて(逆もまた同じく)、近づき過ぎて見えなくなることも多いのかなと思います。

いえいえ、謙虚というよりは(ありがとうございます)、長く住んでこわさを実感したっていうほうが強いかもしれません。
2008.09.03 07:14 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1887-8e46fc74
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。