スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why so serious?

Posted by みら on   7  0

実は誕生日でございました。(9月14日)
…で、息子が贈ってくれたのが、このチケット(↓)と、観る時間。





ここ数週間、仕事で忙しい日が続いてしまい、もしかしたら劇場では無理か?と、ひとり嘆き悲しんでいたので、気の利いた息子に感謝。
行ってまいりました。>The Dark Knight





レビューは、上手な方が既にたくさん書いてらっしゃるので割愛。
観終わって、しばらく椅子から立ち上がれず、身体も心もブラックホールにぶっ飛ばされたような状態。
壮大。圧巻。


もちろん目当てはクリスチャン・ベール(Christian Bale)でしたが、前作「Batman Begins」を胸に抱えていくと、これは見事に裏切られ、「Batman Begins」なんて、ただの伏線に過ぎず…じゃん。ということに。
「The Dark Knight」を「ダークナイト」に仕上げているのが、やはりヒース・レジャー(Heath Ledger)。
ここまでThe Jokerになり切ったら、やっぱり死に引き込まれるか…と、スクリーンを見ながら悲しいまでに納得してしまい、それがダブルにブラックホール。
The Jokerも自身で言っているでないか。


Y'see, madness, as you know, is like gravity. All it takes is a little...push.




しかしこの映画、おそろしいのは、これがスケールこそ違え、現実社会でも起こり得る「悪」なんだってことでしょうかね。
正義?悪?その境界はどこなんだ?っていうのは、隣を見ればすぐそこで起こっているわけで、さらにブラックホール感倍増。


イギリスでのこの映画のレーティングは「12A」ですが、12歳に見せるにはあまりにも暴力的過ぎる…と、若者のナイフ犯罪が多発するこの国で、かなり強く批判されたのは記憶に新しい。
それもやはりわかるぞ…と。だって、誰でもジョーカーになれる国だもん。特にこんな台詞のあとでは、ね。(とか言って、DCじゃなくてMarvelファンの12歳の息子と一緒にいったのは私です。すみません。)


Do you wanna know why I use a knife? Guns are too quick. You can't savor all the... little... emotions. In... you see, in their last moments, people show you who they really are.




しかし、興行成績を最大の正義と感じる配給会社には、今後ナイフ犯罪の予備軍となり得るかもしれない子供たちの心理や問題を、考慮する時間などないわけですわ。(これは、過剰なまでの暴力的ゲームを子供向けに発売し続ける会社とも似通ってますけど...。)

そこに、善とか悪とか、因果関係とかを定義するのは間違いでしょう。
結局、判断は子どもたちひとりひとりに委ねられるわけですもんね。


ところで。
世間に過小評価されている俳優ふたり(by みら)といえば、クリスチャン・ベールとアシュレイ・ジャッド。
どうだろう?

関連記事

-7 Comments

Guko says...""
お誕生日おめでとうございます。今年もみらさんにとって良い年になりますように。

すばらしく気の利く息子さんでうらやましい・・・

私もダークナイトは先週見に行ってきたのですが、同じく終わってからしばらく立ち上がれませんでした。

とても残念だったのが、ドイツ語での細かいやりとりやニュアンスが100%わかったわけではなかったこと。でもそれでもここ最近見た映画の中では圧倒的に素晴らしかったので、DVD出たら買っちゃおうかなあ、なんて目論んでます。

あと、映画なのに途中1時間ほどでいきなりブチっと切れて、休憩が入ったんですけど・・・ 日本の友達に言ったら、「えー、休憩なんてなかったよ」ということだったので、ドイツだけなのかと。少し興ざめでした。苦笑
2008.09.15 16:24 | URL | #- [edit]
burngirl says...""
みらさん、お誕生日おめでとうございます!
そして・・・息子さん・・(涙)感動です。
ずっと見られたかった映画を息子さんからプレゼントなんて、
より一層楽しまれたのではないでしょうか!
Dark Knight、ヒース・レジャーもですが
本当のバットマンのファンを失望させてたクリスチャン・ベールまでのバットマンですが、
昔のバットマンの俳優では、ここまで成功を
(内容的に)しなかったように思います。
「The Machinist」好きでした・・・

2008.09.15 18:57 | URL | #JalddpaA [edit]
みら says...""
> Gukoさん
ありがとうございます!
ごらんになりましたか。すごい作品ですよね。2時間半もあっという間でしたが、あんなに脱力した映画も珍しいかも。
そうか。そういえばドイツでの映画は全部吹き替えになっちゃいますもんね。確かにドイツ語だと微妙に異なるかも。(ドイツ映画の英語吹き替えも、「ううむ」って感じになるのですが…。)
ヒースのThe Jokerは、吹き替えではなく、そのまま彼の英語で観るのが一番と思うので、やはりDVDでしょう~(笑)。

きゃああ~~。休憩なんて入りませんでしたよ~~。
途中で切られてしまうのは、臨場感が薄れてさすがに困るかも(笑)。
2008.09.16 07:36 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> burngirlさん
ありがとうございます~!
うう、そうなんですよ、この息子のプレゼントはかなりうれしかったです。特に観たくてたまらない映画だったので、なおさら感動でした。

今回の「The Dark Knight」では、主役とはいえ、どうしてもヒース・レジャーに隠れてしまいそうになるクリスチャン・ベールでしたが、やっぱりバットマンをここまで成功させたのは、ベール・バットマンのおかげですよね。激しく同意です!

あの影も、彼だからこそ演じられるって気がしました。

The Machinistはすごかったですね。内容というより、クリスチャン・ベールの怪演に度肝を抜かされました。もう少し、役に恵まれるといいのだけど…。
2008.09.16 07:46 | URL | #mQop/nM. [edit]
fussyvet says..."遅ればせながら…怖い"
今、ちょうどこのタイトルがセリフのシーンを見ています。いえ、見ていました。あまりの恐さ(次、どうなるのかという)に途中でDVDを静止させました。一気に見たら、卒倒しそうです。今、その後をコマ送りで見て確認してからもう一度再生で見直しましたが、その直後にまた痛そうなシーン(“勝ちぬき戦”を提案する)に突入しそうだったのでまた止めました。で、ここへ参上した次第です。
この映画、もしかして痛いシーンとかびっくりして飛び上がりそうになるシーンが満載ですか?それでもヒーズ・レジャーの演技には釘づけ(ディパーテッドのジャック・ニコルソンみたいな不気味さ)だし、レンタル料金がもったいないので、英語の勉強のつもりでコマ送りにしながら何度も再生しつつ最後まで見ようと思いますが(実はNo Countryもそんな感じで見た小心者です)。
本当に怖いです。
蛇足ですが、私としては最初の銀行支店長の俳優さん素敵です。遅ればせながら失礼しました(しかもまだ見てる途中なのに)。
2009.03.16 15:40 | URL | #1qJCdU76 [edit]
fussyvet says..."で、見ました!"
ビールを飲んで、続き見ました。怖いのは前半だけでした。後半は「うーん…。」とうなるような展開でした。
いろいろなレビューを読んでいたら、結構悲観的なことが書いてあるものが多かったのですが、私は結末を楽観的に捉えています。ハービー・デントはそこまでの男だった。バットマンはダークナイトもいつかは報われるだろう的な要素を感じました。前半は痛かったけど、後半は含みもあって救いもあったと思います。これの終わり方って"to be continued"だと思うのですが、ヒース・レジャーがいなくなって、誰が次を継ぐんでしょう???バットマンシリーズをじっくり見たのは本作が初めてですが、次回作も見たい。いてもたってもいられなくなります。
ゲイリー・オールドマンが大好きなのですが、彼の良い役の映画は初めてです。ますます愛してしまいました。
もう一回、ぶつ切りにせず、アルコールも入れず、通して見ます。面白いです。
2009.03.17 23:40 | URL | #1qJCdU76 [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
もっと早くにお返事を…と思っていたのですが、今頃で申し訳ありませんっ。
前半、痛そうなシーンが確かに多かったですね。私も何度か、横向きましたよ。…で、それから後半が心理的こわさに変わってきて、ずぶずぶ深くなりますよね。

あっ!覚えてます。バンク・マネージャー。私も一瞬、目に留まりました(笑)。ウィリアム・フィクナーですね。渋いですよね。最近では「クラッシュ」が印象深かったです。

悪役じゃないゲイリー・オールドマンも良かったですよね。彼の場合、1作目「Batman Begins」もなかなかだったので、もしごらんになってなかったらぜひ。

続きはまた見せてほしいです。クリストファー・ノーラン、すばらしいです。はい。

2009.03.19 22:54 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1895-eb4c2bb6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。