スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK's coolest accents

Posted by みら on   8  0

英国も他の国同様、地域、地方によって、英語のアクセントがまったく違ってくる場所ですが(…で、それはもしかするとほかの国以上にバラエティに富んでいて、異なり度が極めて顕著と言えるかもしれませんが…)、「英国人が考える、もっともかっこいいアクセントは?」投票の結果発表。(*CoolBrandsによる統計)


List of Cool Accents 2008/9

1. Queen's English 20%
2. Scottish 12%
3. Geordie 9%
4. Yorkshire 7%
4. Cockney 7%
6. Northern Irish 6%
7. Welsh 5%
8. Scouse 4%
8. Mancunian 4%
10. West Country 3%
11. Brummie 2%




もっともクールなアクセントは、クィーンズ・イングリッシュ(Queen's English)。
まさに英国的。まさにヒュー・グラント。
英国人、みなこう喋ってくれたら聞き取りやすいのに…的英語です。


2位のスコティッシュ(Scottish)。英国人調査ではなぜかいつも上位なのだけど、私には「ほかの国の言葉」にしか聞こえないスコティッシュ。(特に、慣れなきゃ絶対にわからないグラスゴー・アクセント=Glaswegian)。


そして3位がジョーディー(Geordie)。
6回見たら(> The X Factor)、すっかり慣れてしまった(笑)、シェリルのジョーディー。これもいつも英国人には人気。関西弁みたいなもん?


次に、もっとも嫌いなアクセントは、これも常に定番のブラミー(Brummie)。バーミンガムを中心としたミッドランド・アクセント。
イギリス人内の統計によれば、知的ではない発音、隠したい発音の代表となるらしいです。
…で、実は会社に、典型的ブラミーがいるんですが、やっぱり独特ですよね。>ブラミー
慣れるまでに数週間かかりました。わたし。


で、ブラミー代表っていうと、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)の名前が挙がりますが、彼の場合は、ブラミーというよりは、酒とドラッグ特有のマンブリングなんじゃないか…と。
個人的に、「おおっ、ミッドランド!」と感じるのは、ルース・バジャー(Ruth Badger)。
…といっても、「英国版 The Apprentice」を知らない人にはなじみがうすいかもしれないですが、2006年の順優勝者(runner-up)として一躍有名になったのがルースです。
ウルヴァーハンプトン(Wolverhampton))出身で、彼女のアクセントはブラミー代表としても有名。


2006年の「The Apprentice」の優勝、準優勝インタビュー番組ですが(↓)、参考までにどぞ。(ルースはぽっちゃり丸顔のほうです。)
ちなみに番組内の司会者のエイドリアン・チャイルズ(Adrian Chiles)も、Brummie 代表。

(*最初に出てくるのは、優勝者だったミシェルのママですが、ミシェルはハル(Hull)出身。こちらのアクセントも非常にユニーク。2006年「The Apprentice」の、うちの過去記事はこちらです。>> Oh Shelly!





>> Brummie accent voted least cool in Britain (Telegraph)

関連記事

-8 Comments

favourite says..."Scottishって・・・"
ねえねえ、Scottishってくくり、あまりに乱暴じゃーありません?エジンバラとFifeとGlasgowじゃあ全然違うじゃんねえ。エジンバラは昔からcool accentとして名高かったようですが、グラースギーと一緒にされていいのか???いや、いけない。(元エジンバラ臨時市民)
2008.10.05 00:34 | URL | #OVtA6OIQ [edit]
みら says...""
> favouriteさん
うんうん。「スコティッシュ」も広いですもんね~。
あはは!グラスゴーはすんごいよね。慣れなきゃ絶対わからないわよ。

同時に、ウェルシュも、北と南と中部でまったく違うのよん。(北と南の人種差別問題もあるくらい。汗)
やっぱり多様性では「英国英語アクセント」って一番なような気がするよ。
2008.10.05 10:15 | URL | #mQop/nM. [edit]
sarahoctavian says...""
こんにちわ、はじめまして!UKの楽しい話題拝見してます。英国の方言いろいろ面白いです。どこのがカッコいいとか恥ずかしいとかって感覚って住んで初めて分かることでしょうね。。
2008.10.06 21:04 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
あすとる says...""
私、ハルの大学でラボに入って初めて世話になったポスドクの兄ちゃんがばりばりのブラミーでした... 当時まだ英語があまり得意でなかったのでコミュニケーションに死ぬほど苦労しましたです。 でも今思えば、今しゃべってもだめかも(笑) あれはあまりに独特だよ... ハルは北部だからさ、ジョーディはいっぱい周りにいたんだけど、そっちのほうがはるかにわかりやすかった。

ちなみにハルアクセントもいまだ理解不能です~(8年も聞いてたのに)。 聞けば、あ、ハル語だ、とは思うんだけどねーー; ヨークシャーアクセントはあんなにかわいいのになんでハルアクセントはあんななんだ?( ゜┓゜)
2008.10.07 01:03 | URL | #yl2HcnkM [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさま
おお、ドイツからようこそ!コメントありがとうございます。
英国英語は、(どんなに着飾っていても)言葉によって階級がばれるっていうくらい、アクセントが重視されるのですが、そこに地方色を加えるともうほんとに同じ英語を喋っているとは思えないほどになるんですよね。ほんとカラフルです。
ウェールズ含め、英国の地方に行けば行くほど、「学校の英語ってなんの役にも立たないかも…」という気持ちになりますわ(笑)。
2008.10.07 07:30 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あすとるちゃん
ブラミーは慣れないと難しいよね。
私もはじめてバーミンガムに降りたときは、英語への自信、喪失したもん。
やっぱり、ハルアクセントも独特なのね。ジョーディーでもショックだった私には、難関かも。でも、シェリル(新ジャッジ)を聞きながら、耳、鍛えてますわ(んふ)。
2008.10.07 07:35 | URL | #mQop/nM. [edit]
kitsch-en says...""
ハルときいて「おっ!」ときました 笑。

仕事でロンドンに居ることが多いのだけれど、諸事情でハルに住んでいるんです。

慣れればなんとか何を喋っているのか分かるんですけど、特にアクセントの強いワーキングクラスの人々の生活って、基本的に何か生活の共通点が余り無いというか、強引な理由ですが話が通じないんですよ(週末はパブ梯子で飲んだくれる系、冬もキャミソール、sunかdairy mail読者、ラグビーとサッカーファンが多い気がします)。

言葉遣いは凄く悪いです!そしてそれが普通なので私の英語も悪化しているらしいとの噂も 汗。ミシェルママは、聞いた感じだとこの辺りではかなりの一般人のようです。ジョルダンみたいな格好のお姉ちゃんとかはもう理解不可能 汗。
2008.10.08 05:33 | URL | #ZOly72/M [edit]
みら says...""
> kitsch-enさん
わっ、そうだったんですか!>ハル
わかります、わかります。このあたりでもまったく同じような状況です。アクセントが強いと、がんばって理解しようとしても無理が出てきますよね。ええ、ええ。英語自体、「What!??」って感じになりますもんね。英国の層の厚さ(やや悪い意味で...)を、この国で生活してはじめて実感です。
2008.10.08 08:55 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1914-53cb95e5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。