スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェークスピア新語

Posted by みら on   5  1

shakespeare.gifシェークスピア(Shakespeare)はその作品の中で新しい言葉を数多く創り出していた。これは1700語にも及び、もちろんいまだに「英語」として定着している。
たとえば、aerial, critic, submerge, majestic, hurry, lonely, road, assassination, laughable, reliance, exposure…
それから、'Break the ice', 'All that glitters is not gold', 'Hot-blooded', 'In the mind’s eye', 'Housekeeping', 'It’s all Greek to me', 'The naked truth', 'One fell swoop', 'Method in his madness'…などなど。
シェークスピアのスピリットは毎日の生活に溢れている。それゆえ、やはり彼はGreatest Britonの一人なのだ。

関連記事

-5 Comments

はんな says...""
シェイクスピアって、本当に偉大ですよね。
私はそんなシェイクスピアが大好きです。
丁寧に読めば決してむずかしくないし、むしろ非常に人間くさくて好きですね。
以前、BBCのシェイクスピア・シリーズをNHK教育テレビでやった時、原作を読みながら劇を観ましたが、ごちそうを食べているようでしたよ。
2005.03.05 01:43 | URL | #uW07xbe6 [edit]
ぴよ♪ says...""
'Hot-blooded'といえばForeigner。
そうか、そこから来てたのか。
2005.03.05 06:58 | URL | #- [edit]
みら says...""
> はんなさん
シェークスピアはお芝居の基本で、人生の基本でもあるような気がします。いまの映画や舞台でも、基にあるのはシェークスピア…ってことも多いですよね。
ごちそう!そうですね。まさに人生の栄養ですよね。

> ぴよ♪たん
フォーリナーに飛ぶのがさすがだ!(笑)
2005.03.05 07:27 | URL | #- [edit]
ぱんだ says..."リア王が好きです"
シェークスピアは名作ぞろいですが、
なかでもリア王が好きです。
なんともいえない魅力がありますね。
2005.04.04 20:34 | URL | #QeQ6CiJU [edit]
みら says...""
> ぱんださま
そうですね。リア王も人生が凝縮されてますね。私は「乱」も好きです。
2005.04.05 04:36 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/193-a75c41c0
世界の三大文学者
●世界の三大文学者とその代表作  ・シェークスピア(1564~1616)    (四大悲劇「リア王」「ハムレット」「マクベス」「オセロ」)  ・ゲーテ (1749~1832)    (「若きウェルテルの悩み」「ファウスト」)  ・ダンテ (1265~13
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。