スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nanny State (in Wales)

Posted by みら on   10  0

日本でもニュースになっていたので(笑)、とりあえず地元からもレポート。
>> 紅茶に砂糖を入れることが学校で禁止される (GIGAZINE)


砂糖禁止令は、ロンダ(Rhondda)・カウンシル管轄内の高校、Tonypandy Community Collegeで出されました。
ロンダ…といえば、日本人にとって馴染みが深いのが、「天空の城ラピュタ」。ロンダ渓谷が舞台になったと言われています。(*うちの過去記事
…が、ここでロンダと言うと、英国内でもっとも不健康な地域の第3位に選ばれた場所だったりもします。(>> 英国不健康地域


という前提は置いておくとしても、本題の「学校内のカンティーン(食堂)に砂糖を置かない規制」。
確かに馬鹿げているって言えば馬鹿げているのだけど、実際そんなに違和感ないのは、英国のスクール・カンティーンのひどさと生徒の不健康さ(+肥満度の高さ)を目の当たりにしているからでしょうかね…。


さらに言えば、こっちの高校生(Sixth form=16歳から)って、お昼休みに学校を出て買い食いしてもいいことになってるんですよね。どうせジャンクを買って来るんだし、学校内くらい砂糖抜きでもいいやん…て気もしないでもないです。はい。


ちなみにこの高校(Tonypandy Community College)、生徒からの抗議も起こり、国際ニュースにもなって(笑)、結局当初の計画を退け、「スプーン2杯までなら良い」ってことに規制緩和されました(爆)。軟弱やん。>学校
>> Two sugars rule after school ban (BBC)


これは、「Welsh Assembly Government(ウェールズ議会)」のガイドラインに基づいた「禁止」規制だったわけですが、同ガイドラインに従ったのが、あと二州 (in Wales)。
同じく南ウェールズのVale of Glamorgan州(←美しい場所です)の小学校で、ケチャップが使用禁止になったのと、ここ中部ウェールズのCeredigion州で、マーマイト(Marmite)が禁止になった2件。
ケチャップに関しては、糖分、塩分の過剰摂取を、マーマイトに関しては、塩分の過剰摂取を考慮して…とのこと。
日本で言うなら、梅干とお醤油が禁止になったようなものですね。
>> Ketchup ban at council's schools (BBC)
>> Marmite ban at school breakfasts (BBC)



(息子の学校のことしか知らないので、以下、偏った理解になるかもしれませんが)、
学校の食堂には、すごいサイズのボトル・ケチャップが置いてあって、子どもによっては、チップス(ポテトフライ)に並々とケチャップを注ぎ込む(?)ことも多いのだとか。ひぃ~。
イギリスの食事って味がないものが多いので(給食ならなおさら)、塩でもケチャップでも過剰にふりかけてしまう傾向もあるのかもしれませんが、イギリスの学校の場合、お弁当持ち込みも可能なわけで、テーブルにケチャップがなくなったってええやん…て気がしなくもないです。


ここの州(Ceredigion)のマーマイト廃止は、さすがにびっくりしたのですが(これ、栄養分もかなりある食品だしね)、これは給食ではなく、ブレックファースト・クラブでの話。
学校の始業時間前に、有料で朝食を提供してくれる学校内のサービスがあって、ここでのマーマイト使用が禁止になったそうです。(禁止になったのは州内の51校)。
朝食を食べない子に朝食を習慣付ける意味もあるブレックファースト・クラブらしいのですが、普通、そんな塩分過剰摂取になるほど、マーマイトつけないだろう…って気もしますです。ええ。


加えて、ウェールズ内の学校では、ジャンクフード全面禁止も計画されているそうで、これも物議を醸しそうですが、でも実際、ジャンクなんて要らないですってば。学校に。学校給食自体が十分にジャンクなんですから…。
>> Junk food ban under new proposals (BBC)


ま、いずれにしても、ナニー・ステイト(Nanny State)(*過剰なまでの国家介入による国民総過保護主義。いまの英国社会はまさにこの典型。労働党が残したもっとも悪しき体制のひとつ。)にはかわりないわけです。
ほんの1~2年前まで、学校内にチョコレートやらクリスプスやら炭酸飲料の自動販売機が10台くらい設置されていたというのに、一転して過剰なまでの禁止措置(笑)。これじゃ子どもだって反発したくなります。


スクールディナー革命に失敗したジェイミー・オリヴァーが現在取り組んでいる変なキャンペーンを見つつ、その救いようのなさにうすら寒くなってしまうのですが、ウェールズが向かおうとしているのも、それに似ているのかもしれません。
食事の大切さ、美味しさは、個々人がそれぞれの生活において自分の中から見出すもので、外から強制的に何か教え込まれるのとは違うような気がします。


そんなウェールズは今日も雨。

関連記事

-10 Comments

kanno says...""
権利ばかり主張してやることやらない悪しき英国の典型ですね。16歳で’権利’なんて主張しちゃうあたり恥ずかしくってなりません。
でも絶対職員室では「砂糖ないの?!」とかやってんですよ、大人が。
2008.10.17 03:51 | URL | #6facQlv. [edit]
みら says...""
> kannoしゃん
まったく同感。>16歳の主張
このあたりなんて公立しかないんで(笑)、おポッシュ系の規律は知らないけど、でも締めてほしいところはだれだれなのに、変なこじつけ規則ばかりの学校にも驚くだす。
主張も簡単に通っちゃうし。笑

> でも絶対職員室では「砂糖ないの?!」とかやってんですよ、大人が。

これは私も思た!
むふふ。
2008.10.17 07:25 | URL | #mQop/nM. [edit]
ぐめ says..."あう~~~"
てゆーか、そんなにマーマイトつけて食べられる味覚に敬服(笑)。。。
あれは人間の食べ物ではないと思う私。。。
2008.10.17 09:02 | URL | #2QgyWGEk [edit]
sarahoctavian says..."ジャンクフード"
アンモナイトさん、こんにちわ~。あのぉマーマイトって何ですか?ドイツの”マギー”のようなものかな?何にでもかけて味をワンパターンにしちゃうってヤツ?あれって中毒なんでしょうね・・。我が家ではそういったものを極力避けてきたつもりなのに、息子(13歳です)はケチャップのフライドポテト添え(?!)とか好きで・・。年齢的に親の反対するものを良しとする傾向は多々ありです。彼の学校の学食はオーガニック食材で健康的なはずなのに、生徒たちの本音はケチャップどちゃ~のマック的食事です。
2008.10.17 18:57 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
みら says...""
> ぐめちん
そうだった、そうだった。ぐめちんはhate派だった(笑)。
美味しいとは思わないんだけど、隠し味に使うと結構いけるんだよ。今度、マーマイト味のポテチをお土産に買って帰ろう。ぶひひ。
2008.10.18 05:19 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
こんにちは!
確かにドイツでは見かけなかったですよね。>マーマイト
実は健康食品です。(マギーとはまったく対極。笑)
発酵イースト抽出物をペースト状にしてあるもので、ビタミンBの宝庫。普通はトーストに薄く塗って食べるのですが、ひどく塩辛いのが難点。
イギリスではポピュラーなのですが、でも納豆同様、好き嫌いが激しく分かれることから、キャッチコピーが「Love it or hate it?」なのです。

ドイツの学食は健康そうですね。いいなぁ~。
でも確かにジャンクが恋しくなる年頃ってありますよね。わかるわかる。^^
2008.10.18 05:33 | URL | #mQop/nM. [edit]
ばこ says...""
マーマイトってベジマイトの親戚ですよね。昔々、お湯に溶いてスープにして飲んだ記憶があります。マーマイトはなくても困りませんが、おっしゃる通り「外から強制的に何か教え込まれるのとは違う」と奇妙な気持ちにさせられるニュースでした。
2008.10.18 20:17 | URL | #ZWgj1ies [edit]
みら says...""
> ばこさん
そうそう。オーストラリアではベジマイトですよね。
パンに塗るより、料理の隠し味に使うほうがうちも多いです!
でも、これがないとダメ!なイギリス人も結構いらっしゃいますよね。もう少し塩気が少ないといいんだけどなぁ(笑)。
2008.10.19 08:46 | URL | #mQop/nM. [edit]
tuguki says...""
以前、小学校低学年の ニュートリション のクラスを見学させてもらったのですが、マグネットの付いた食べ物の絵を いい食べ物 悪い食べ物 と書かれたホワイトボードに貼らせてました。
その、簡単に、いい、悪い を言い切ることにも抵抗を覚えたのですが、牛乳やチーズが 悪い食べ物 に入れられたことにビックリ。
ファットニング なんですって。
ほとんどの食べ物って、食べ物それ自体じゃなくって、とり方の問題だと思うんですけどね、体にいいとか悪いとかって...。
そりゃー、アメリカの巨大ピザを一人で3切れも、4切れも食べたら、チーズはファットニングだろうよ。
2008.10.20 13:16 | URL | #- [edit]
みら says...""
> tuguさん
> 食べ物それ自体じゃなくって、とり方の問題
まーったく同感ですっ!
なんでも大量に摂取したら、身体には害になるんだよね。
こっちも「Low fat」製品がやたら多いんだけど、それだって食べ過ぎたらLowじゃなくなるし。
その辺の感覚がどうも理解できないですわ~。
うんうん。食べ物に罪はない!に一票。
2008.10.20 16:53 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1930-0c887aa9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。