スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデイン

Posted by みら on   4  0




一度、こういう肉々しい(笑)写真をアップしてみたかったんですよ。うふふ。
というわけで、昨日もちらっと書きましたが、新種の植物性プロテイン(ベジ用偽肉)のご紹介。


その名はガーデイン(Gardein)。
Gardein.com™」によれば、企業秘密のスロークック方式によって、野菜や穀物から取り出したプロテイン。…とのこと。
なんだかぜんぜんわかりません。
主な材料は、大豆、麦、豆、ビーツ、人参。
大豆に穀物や豆類、根菜を混ぜることで、たんぱく質に味、栄養、食感を加えて、肉以上にしているようです。


ここで買えるのは、その「ガーデイン」を使って、Grassington's社が作っている冷凍食品。
ベジ・ソーセージ、ベジ・バーガー、ベジ・チキン、ベジ・ステーキ…etc.,と、種類は、他のベジ向けブランドとほぼ同じ。


他のベジ用ブランドの代表格は、クォーン(Quorn)、コールドロン(Cauldron)、リンダ・マッカートニー(Linda McCartney)。
ここにDalepakのミートフリー・レンジ、Tivall、Goodlife Foods、さらにスーパーマーケット独自ブランドも加わります。
ヘルスショップに行けばブランドはもっと増えますが、どれも似たり寄ったりなので、新規ブランドは歓迎。


今日は、ビーフスタイル・ミートボール(Beef style meatballs)にトライです。





ミートフリーのミートボール型に成型して冷凍されているので、料理がらくちん。
タリアテッレのミートボールソース風にしてみました。





一昔前、大豆プロテインの固まりを水に戻して、成型して肉の代用にしたことがありましたが、味はあれに近い。
つまり、水気が多くてまずい。笑
もちろん、トマトソースに絡めてしまえば、ごまかしは効くんですが、でも不味い。


そして、ミートボール風にまとめてあるせいか、たまねぎの含有量がかなりのもの(だったらしい)。
材料を確かめずに食べてしまったら、あとで苦しくなりました。
だからこっちのベジ食品て嫌いなの。たまねぎ、多いからっ(泣)。


アメリカ、カナダあたりでは、味のついてないプロテインのナチュラル・バージョンが買えるようで、それが早くUKに入ってくることを希望!無理っぽいけど…。


そんなわけで、やっぱりうちのNo.1は、「クォーン」です。はい。
関連記事

-4 Comments

mekabusan says...""
こんなに肉肉してておいしそうなのに、
味は残念~♪なんて、ホントにがっかり。
「もどき」食品って、むずかしいですよね。

私は「車麩カツ」くらいが限度かな?
お母さんは、本当にご苦労様です。
おいしいベジタリアンミート、見つかるといいですね。
2008.10.27 14:57 | URL | #JalddpaA [edit]
あすとる says...""
これ初めて見た。 でもまずいのね...(笑) 日本にいるとこの手のものまったく見る機会ないからねぇ。 なんかまずくてもちょっと食べてみたくなるかも(ぇ いや、普通に正しい日本の食品で十分ですって。
2008.10.28 22:59 | URL | #yl2HcnkM [edit]
みら says...""
> mekabuさん
これは期待感大だったんですが、裏切られました(笑)。
なかなか難しいですよね。
これならば、きのことかお豆腐とかをそのままいただくほうがずっと美味しい!車麩も便利ですよね~。あぁ、日本はいいなぁ。
2008.10.29 06:47 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あすとるちゃん
うんうん。「そういえば、日本てベジ食品、少ないからなぁ」と私も一瞬考えたんだけど、日本はもっといっぱい美味しい植物性があるもんねえ。いいなぁ。
お豆腐も厚揚げもしいたけもおからも山芋もお麩も豊富な野菜類も、もうなんでもベジ対応だもんね。うだやまじい。

これ、えげれす味に加工してなかったら、もっと使い道がありそうなんだけど、ね。泣
今度こっちに来たら試してみて。
2008.10.29 06:53 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1941-46d6335b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。