スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫祭

Posted by みら on   6  0




スプラウトと同時期に植えた(?)クレスも大きくなってきたけれど、食べ頃までにはもう少し。
いま一番食べ頃なのは、アルファルファ。





まずはシンプルにトマトサラダに添えて。
ドレッシングは、レモン+醤油+塩+大豆油。


それから、焼き豆腐の上に。
豆腐は両面、側面をバター醤油でしっかり焼いて、アルファルファを乗せたらソースを回しがけ。旨っ。





ムング豆と間違えていた(汗)、グリーンピーズも大きく成長中。





- - - - -

ぷるみえさんの「三升漬でたまごかけごはん」があまりにも美味しそうで早速真似っこ。








ごはんは日本から送ってもらった新米(ほくほく)。そして「三升漬」は、tugukiさんにいただいた手作りっ(感謝)。最高のカップリング。
卵はウェールズ産だけれど、お椀の中にはシベリアと大西洋を越えた食材がねっとりと融合。フードマイルはめちゃ高だけど、この際、環境問題は忘れる。
(*英国でも一応、生の卵は食べるべからず!ってことになっていますが、No Risk, No Gain ってことで…笑。)

卵といえば、こんなもんも先週作ってみたの(笑)。








恐竜の卵。
ゆで卵を作って、殻にひびを入れてから、紅茶で煮てみました。ひびの入れ方がなかなか難しいーっ。
最後に皮をむくときに、薄皮を残してむくと、フォトジェニックな恐竜の卵になるのだけれど、しかしこれもまた難易度ハイ。
こんな努力にもかかわらず、奇をてらいすぎて、誰も食べてくれなかった…ってひどい(笑)。
おもしろいのでまたやってみよう。(懲りないひと一名)。


*こちらを参考にさせていただきました。
>> 怪獣卵の作り方。
関連記事

-6 Comments

tuguki says...""
今日から4日間のひとりご飯。
初日の今日、何を食べよか思案中...で、卵かけご飯が美味しそう~!
でも、どうしても生の卵が食べたい時は、一応、オーガニック系のお店で買うことにしてるので、今日はがまん。
フードマイルのめちゃ高三升漬、楽しんでくださってるようで、嬉しいです。
2008.11.03 12:31 | URL | #- [edit]
sarahoctavian says...""
最近モヤシ系の自家栽培してませんでした。久しぶりに植えてみよう。お豆腐ステーキアルファルファのせが美味しそうだわ!怪獣卵も楽しい!トライしてみます~。子供が小さいときだったら「ママ~お弁当にはカイジュウタマゴ入れてね」なぁんて言ってくれたかも・・ですね。
そういえば、ケルトの国ウェールズのハロウィーンってどんなですか?ドイツは(ご存知かもしれませんが)ここ数年ずいぶんアメリカナイズしてきましたが。
2008.11.03 15:22 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
みら says...""
> tuguちゃん
三升漬、めちゃうまです。ごちそうさまでした!
野菜炒めに使ってたんですが(←すごく美味しくなるね~)、たまごかけにも結構グーでした。私も生卵は生みたてのもの!!普通の卵でも、数秒レンジにかけると安全...という話を聞いたことあるのですが、やっぱり気になりますよね。
ひとりごはんの献立が楽しみぃ~(わくわく)。
2008.11.04 06:48 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
そうなの、そうなの!子供がもう少し小さかったら、この卵もきっと楽しんでくれたろうに…と思っちゃいました。10代になっちゃうとだめですね~(悲)。
アルファルファ、美味しかったです。手軽でこんなに美味しいなんて。

私たちがドイツにいた頃は、ハロウィンなんてほとんど聞かなかったんですよ(笑)。北だったんですけどね。いまは事情もかなり変わってきているんでしょうね。当時は、ハロウィンよりもザンクト・マーティンでした。(お菓子をもらう...ってのは似てますね。)
ウェールズもそれほど盛り上がらないようです。学生さんたちはパーティーになるみたいですが(笑)、アメリカ風の「Trick or treat」はかなり貧弱です。
2008.11.04 06:57 | URL | #mQop/nM. [edit]
sarahoctavian says..."ハロウィーンって"
ケルトの本場ウェールズでもイマイチですか・・これはやっぱりアメリカの商戦のたまものなんですね。それにすぐ乗ってしまうドイツ人も結構軽いなぁなんて思ったりします。もっとも若者たちはパーティの口実に利用してるだけかもね。
息子もお菓子乞いする年齢過ぎちゃったし、その前はやはりサンクトマーティンだったしで、うちは割りとハロウィーンの波から外れてましたが。子供の多い住宅街などはかなり・・と聞いてます。
2008.11.04 15:25 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
お返事遅くなりました。
ハロウィーンの本当の意味を知っているウェールズ人て、案外少ないんじゃないか…と勘ぐってます(笑)。特に若い世代。
なんか特殊に閉鎖された場所なんですよね。ううむ。

2008.11.07 08:11 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1950-54109115
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。