スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ich bin ein Berliner

Posted by みら on   12  0



年明けに、大晦日の話に戻って恐縮ですが…(笑)。
12月31日のことを、ドイツでは「ジルベスター(Sylvester/Silvester)」と呼びます。

教皇ジルベスター1世(Pope Sylvester I)の命日(335年没)が12月31日であったことから、この日は「St. Sylvester's Day」として定着(813年以降)。1582年にグレゴリアン・カレンダー(グレゴリオ暦)が導入され(ドイツでの導入はカソリック圏で1583年、プロテスタント圏で1700年。日本では1873年)、一年の最後の日が12月24日から12月31日となり、結果、大晦日(New Year’s Eve)が「ジルベスター」となった…らしいです。

ところで。
この「ジルベスター」の習慣は、ドイツでも様々なようですが、私がドイツで馴染んでいた習慣のひとつが、「クラプフェン(ベルリナー)=ジャム・ドーナツを食べる」というもの。
今年は、ストロベリー・ジャム版とラズベリー・ジャム版をタワー(↑)にしてみました。←アホ

…で、これ。
日本の年越し蕎麦の風習と同じく、ドイツ共通だろう…と思っていたら、そんなことはなかったようで(汗)。
北ドイツ特有ですか?>ドイツのみなさま
南ドイツではカーニヴァル(Fasching:ファッシング)時(2月)のほうが有名みたいですね。

というわけで、ここイギリスでもそうですが、ドイツの大晦日とお正月はクリスマスと比べると味気ないです。
わたくし今年も、日本のブロガーのみなさまのすばらしい年越し蕎麦とお節料理を、目だけで堪能させていただきました。あぁ、お雑煮だけでも食べたかった。

***
話が前後しますが、「Ich bin ein Berliner.」というのは、ジョン・F・ケネディ大統領の1963年の(西)ドイツはベルリンでのスピーチ時の有名なことば。(オバマ氏が大統領候補だったときにベルリンで行った演説にも、ケネディを彷彿とさせるものがありました。)
冷戦状態の中、その東西分断を象徴するともいえる壁が建てられ、ますます孤立する西ベルリン(周囲を東ドイツに取り囲まれていたわけですし...)で、西側と自由を代表するJFケネディが言った「私もベルリンの一市民である」。彼の言葉に光を見たドイツ人は多かったことと思います。

…という印象深い歴史的事実とは別に、「ベルリナー(Berliner)」というのが、ジャム・ドーナツを指すことから、後に、「ケネディは演説で、"私はジャム・ドーナツだ"と間違って言ってしまった」という都市伝説が流されるわけです。
この中(主に英語圏での都市伝説)では、「ケネディは文法を間違えている。不定冠詞の"ein"をつけるべきではなかった」とされていますが、彼のスピーチの趣旨の中で(「私もあなたたちと同じく、ベルリンの一市民なのですよ」という意味で)、「ein Berliner」は、そうあるべきの「アイン・ベルリナー」で、間違ってはいません。
(*同じ揚げ足取りなら、ハンブルグだったら"Ich bin ein Hamburger."で、「私はハンバーガー!」になっちゃうし、フランクフルトだったらソーセージですよ(笑)。>"Ich bin ein Frankfurter."←いずれも語り手が男性の場合ね。)

で、なんの話を書いていたか忘れましたが、孤島となり、「西」であるにもかかわらず自由を奪われた当時の西ベルリン市民の気持ちは、私のような戦争未経験で政府に自由を奪われたこともない人間には想像すらできません。しかしこういった事実と人々の感情は、風化させてはいけないことだと思います。

今年、息子がはじめてベルリンを訪れるようです。
何かを感じ取ってきてくれるかな。

関連記事

-12 Comments

Guko says...""
みらさんお察しのとおり、やっぱり南ドイツじゃ大晦日にベルリーナーは食べませんね・・・ 2月に食べます。

ドイツで特に大晦日に食べる決まった食べ物ってわけじゃないですが、大晦日のパーティーってやたらとみんなフォンデュやりません?まあ準備が簡単なせいではあると思いますが・・・

ベルリン、私の中ではやっぱり独特の街です。あそこはあくまで「ベルリン」であってドイツの中の一都市ではないなあ、って行く度に思っちゃいます。
2009.01.02 20:41 | URL | #- [edit]
あすとる says...""
ベルリンはぜひ訪れてみたい町のひとつです。私が生まれたころ、叔母が4年ほど単身留学してたので(叔母はピアニストなの)壁の中の西ベルリンのことをいろいろ聞いて育ちました。祖父もドイツ語しゃべる人だったし(お医者だったからね)、いっぱいドイツとのご縁があるのになぜにいまだ未踏の地なのだろう... いつか行くわよっ!
2009.01.03 09:32 | URL | #yl2HcnkM [edit]
あきこ says...""
ここ数年、渋谷のオーチャードホールで
年越しコンサートがあるんですが、
そのタイトルが『ジルベスターコンサート』。
ジルベスターってなんぞや?と思いつつ、
今まで調べていなかった私は、
みらさんの日記でひとつ疑問を
解決することができました♪

そういう意味があったんですねー。

それにしても、ドーナツ美味しそう!!!
2009.01.03 19:51 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Gukoさん
あはは。やはり南ではカーニヴァルのときなんですね。>ドーナツ
北はカーニヴァルがそれほど派手ではないので、大晦日に食べてしまうのかしら?(謎)
ところで呼び名はクラプフェンですか?ベルリーナーですか?
夫の記憶ではハノーファーはクラプフェンだったらしいのですが、このかた食べ物に関しては全然あてにならないので(笑)、これも場所によって呼び方が全然違うのだろうなぁ…と、ふと不安になりました。

大晦日のフォンデュやラクレットっていうのは、ネットで学んで知りました(笑)。うちのほうではやってなかったです。いいなぁ、フォンデュ。

ベルリンは夫は結構縁があるのですが、私は縁なし。今回も義兄がいなかったら、息子にも縁がなかったかもしれません。

2009.01.04 01:32 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あすとるちゃん
おお、そんなご縁があるのねっ!>ドイツ
西ベルリンは、やっぱり当時はかなり異様な場所だったみたいだよね。
私が北ドイツにいたのは、壁が崩壊してから数年後だったけど、それでも旧東ドイツは、やっぱり雰囲気が全然違って別の国みたいだったよ。

私は家族がいなかったら、ドイツは行かなくていい国の筆頭だったかも(笑)。
2009.01.04 01:38 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あきこさん!
確かに日本でも「ジルベスター・コンサート」って既に年末のイベント名のひとつになってますもんね。
ジルベスターは大晦日でした~。
疑問解決、よかったです。うふふ。

昨日はクリスピー・クリーム食べました。(甘っ)

2009.01.04 01:40 | URL | #mQop/nM. [edit]
Guko says...""
ドーナツの呼び名はこっちではベルリーナーです。

ところが別物でクラプフェンという食べ物もあります。

http://blog.livedoor.jp/amrhein/archives/65226028.html

http://blog.livedoor.jp/amrhein/archives/51036388.html

これは揚げたシュー生地みたいなのの中にカスタードクリームがぎっしり。売ってるのはなぜかクリスマスマーケット限定です・・・ 揚げたてアツアツをほおばれるので、クリスマスマーケットで見つけるとグリューワインそっちのけで必ずこれだけは食べちゃいます。 カロリーが・・・汗
2009.01.04 20:02 | URL | #- [edit]
みら says...""
> Gukoさん
おお、南の「クラプフェン」は美味しそう~。(カロリーもすごそうだけど…笑)。ヴァイナハツマルクト限定っていうのもいいですね。揚げたて、食べてみたいです。
そうか。やっぱり呼び名が違うんですね。おもしろい。教えてくださってどうもありがとう!!

2009.01.05 02:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
Zesulan says...""
Ich bin=私が唯一わかるドイツ語です。
あけましておめでとうございます。
今年もステキな写真と記事を楽しみにしています。
>20XX年→2009年
になってる・・・?
みらさん年内の帰国を予定されているのですか~
2009.01.06 20:35 | URL | #- [edit]
sarahoctavian says..."クラプフェン"
新年明けちゃって間抜けですがおめでとうございます!今日で冬休みも終わり、明日からパソコン独占状態だっ。北では大晦日にクラプフェンを食べるんですか~。う~んこちらでは大晦日といえば、やっぱり年越し蕎麦・・・(なんて冗談!我が家のような日本人のいる家庭のみね)もとい典型的なのはフォンデュですかね。うちでは鉄板焼き&ラクレットもよくします。クラプフェンはこれからファッシングまで食べる機会がぐ~んと増えそう。定番杏ジャムのほか、昨今はコーヒークリームだ卵リキュール入りカスタードだ・・と多彩になってます。揚げパンだしカロリー凄そう・・・。はずれとして辛子入りがあるそうだけど、いまだお目にかかったことありませんが。
2009.01.07 05:58 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
みら says...""
> Zesulanさん
明けましておめでとうございます!昨年はありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

うふふ。大移動は今年に早めて予定しております。忙しくなりそうです。またいろいろ教えてくださいね~!

2009.01.07 08:43 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
わたくしこそ、ご挨拶が遅れております。すみません。
(遅くなりましたが)明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

おおっ、やはりフォンデュですか。美味しそう。
北はクラプフェンなんですよ。違うもんですね。おもしろいよね。ドイツの北と南。
ファッシングならではのカラフルなクラプフェンも多いのでしょうね(>南)。いいなぁ。

2009.01.07 08:46 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/1997-10abcf47
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。