スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birth

Posted by みら on   2  0

久しぶりに、映画をまとめて…(その2)。

二コール・キッドマンの「Birth」(記憶の棘)。

10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を思い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れ、「僕はショーン。君の夫だ」と名乗る。(シネマトゥデイ)



シネマで予告編を見ながら、「どうしようかなぁ?」と悩みながら観逃した作品でしたが、TV鑑賞で正解。これを映画館で見たら、前の椅子の背にあたっていたかも(笑)。
わー、駄作。キッドマン、ダイコンーっ。
そして問題の入浴シーン、ただただおぞましい(嫌悪)。
これで、愛だとおー!?輪廻転生だとおー!?生まれ変わりだとおー!?ふざけるなー!!(叫)
そしてあの思わせぶりな最後。エイリアンでもあるまいし…。

そういえば、母親役だったローレン・バコール(Lauren Bacall)が、キッドマン(Nicole Kidman)を「レジェンド」と称した記者に、「She's not a legend. She's a beginner. What is this 'legend'? She can't be a legend at whatever age she is. She can't be a legend, you have to be older.」…と諭した話は有名ですが、バコールもこの映画の中ではぱっとせず。
唯一光っていたのは、アン・ヘッシュ(Anne Heche)だったのではないか…と。
うーん。

関連記事

-2 Comments

あきこ says...""
ベリーショートでスリムな、
ニコール・キッドマンの立ち姿が美しかった。

それだけが印象に残った映画でしたw
2009.01.11 14:31 | URL | #- [edit]
みら says...""
> あきこさん
アップとか静止画像が多いので、やはり二コール・キッドマンの美を引き立たせる映画なのね…と、私も思いながら見てました(笑)。
2009.01.11 21:05 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2002-d487dadd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。