スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノギュレーション

Posted by みら on   8  0

「今日は4時からオバマのイノギュレーションのライブ中継があるから、劇団さぼって帰ってきちゃいなさい。歴史的瞬間だよ。」
…と、会社から息子の携帯にテキストを打ってしまったのは私です。笑

この44代大統領のイノギュレーション(Inauguration=就任式)の様子を見て、President Barack Obama のスピーチ(Inaugural Address)を聞いて歴史の証人になるのは、私たち大人だけでなく、これからの未来を背負う子どもたちにとっても必要なことですよね。(言い訳)
>> Speech in full (BBC)

「自分たちの選んだ」大統領をこんなにも誇りに思い、そして力とエネルギーを団結して支援しているアメリカ人(+世界中の人々)を目の当たりにして、やっぱりあの国は大きいなぁ、底力が違うなぁ、とつくづく納得させられてしまいました。

もしや、本当に世界は変わるのかも…と、一瞬「光」を見てしまったのも事実です。
そして「変える」なら、誰かに任せたり、誰かの責任にしたりしてはいけないんだ…と。「変える」のは自分たちなのだ…と、心の底から思わされた、2009年1月20日。オバマさん、ありがとう。

"To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West - know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy."

"For the world has changed, and we must change with it."


関連記事

-8 Comments

あきこ says...""
日本では夜中だったので、朝のニュースでみました。

今までのスピーチより地味目というか、
地に足着いたって感じでしたね。

ほんと、あの盛り上がりは羨ましいです。
自分たちで選んだ大統領、
一緒に変えていこう!って雰囲気が、
すごく伝わってきました。

それに引き換え日本は・・・
まぁ、その政治家を選んでるのも、
私たち自身なんですよね。

国がなにをしてくれるではなく、
国のために何をできるのか。
日本人もそれを真剣に考える時期なのかも~
2009.01.21 09:43 | URL | #- [edit]
Curragh says..."自分でもびっくり"
米国大統領就任式演説にはいままであまり関心を払ってこなかったのですが、今回だけはちがいました。スピーチの表面的な巧みさというより、やはり人柄がにじみ出ていますね。日本のTV報道では観衆のひとりが、「わたしは61年間、彼に逢うために生きてきた」という発言が紹介されていましたが、この一言に米国市民の声がすべて凝縮されているような気がしました。それとBBCサイトのリンクもありがとうございました。さっそくプリントアウトしました。m(_ _)m

ちなみにいま日本では、『オバマ演説集』がバカ売れしています(つい買ってしまった人)。もとは肉声CDつきの薄っぺらい英語教材本なのですが、「聞いているだけで感動する!」とけっこうな反響なのです。かくいう自分も、前職の8年間があったということもあるかもしれませんが、オバマ新大統領就任式演説を耳にしたとき、首都に集結した米国市民とまったくおなじような「高揚感」をおぼえるとはわれながらびっくりでした。またかつて下院議員の秘書をつとめていたとかのつてがあって、今回の就任式には神奈川県知事も招待されていました。

2009.01.21 14:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
sarahoctavian says...""
Inauguration=イノギュラツィオンってドイツ語としての単語昨日初めて聞いたわ。ドイツの各テレビ局でもリポーター送り出して生中継。あれだけの人間が集まり、世界中がテレビで同時体験したオバマ大統領就任式、彼と新しいアメリカへの並々ならぬ期待の表れですね。今までこんなに「歴史的瞬間」だった就任式を見たことありませんでした。一方で、これからが本番、ものすごく責任重大・大変な任務が山積み、頑張ってくださいと思わずにはいられない・・・。今はこうして盛り上がってますが、間もなく厳しい現実が確実に戻ってくるはず。その時意気消沈しないで各個人がそれぞれ努力・協力しないと。・・ってことをオバマさんはずっと言い続けてましたよね。
2009.01.21 15:22 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
じゃん says...""
私も、夜中の1時過ぎからテレビ観ちゃいました。
あの熱気、すごいですね。
それに引き換え日本はって思っちゃいます。
「変える」のは自分たち、ほんと、そうですね。
2009.01.22 00:11 | URL | #C9/gA75Q [edit]
みら says...""
> あきこさん
アメリカに圧倒されました。
興奮がやや落ち着いた頃、"「Yes we can」のような決定的キャッチフレーズが出なかったのが残念..." というコメントを聞いてほほえましかったのですが(笑)、しかし、「新アメリカ」をしっかり見させていただきました。

「それにひきかえ」というのはこちらも同じです。カリスマ性ゼロのゴードンが首相になってから、なんだかパっとしないイギリスです。はぁ。

2009.01.22 08:47 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Curraghさん
「オバマ演説集」ってなんだか楽しそうですね。英語教材本ですか。なるほど。でもいろいろ習得できそうな感じもしますね。
前英首相のブレアさんのスピーチも非常にうまかったのですが、やはりこれはリーダーの資質のひとつですよね。
2009.01.22 08:53 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
昨日、感動して見ながら、「あれ?そういえばブッシュのスピーチって全然記憶にないや」…と思ってしまいましたよ(笑)。
やはり歴史的一頁でしたよね。>昨日のオバマさんとアメリカ

そうなんですよね。力量が試される問題がいま山積みですもんね。まずはイスラエル、中東問題をどうするんだろう?と興味津々でもあります。

2009.01.22 08:57 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> じゃんさん
すごかったですよね。TVに釘付けになってしまいました。
日本でここまで国民を惹きつけられる政治家は、もうずぅーっと出てないですもんねえ。同時に国民もあまりに覚め過ぎてしまって、その無関心さもまた危険な気がします。

2009.01.22 08:59 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2012-d06917c6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。