スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりたんぽ

Posted by みら on   6  0



「あきたこまち」ならぬ「カリフォルニア米こしひかり」で作り、炭火じゃなくてグリルで焼いた、「たんぽ」。
これを切って鍋に入れればきりたんぽ鍋になるなぁ…と考えつつ、そこまでは行き着きませんでした。(夫と息子からは、怪訝な顔されるし…笑)。

"感じ"は出ていたと思うのだけど、もう既に「きりたんぽ鍋」の味を忘れているくらいなので、自分の味覚は当てにならないですね。



もう一品は、がらりと変えて、洋風に「芽キャベツのポタージュ」。



芽キャベツ(ブラッセル・スプラウト)を炒めてくたくたに煮込んで、フレッシュなナツメグをたっぷりと生クリームを少々加えてミキサーで滑らかに。
「クセが強過ぎるかな?」と危惧したものの、これは好評でした。

ごちそうさまでした。

関連記事

-6 Comments

sarasa says...""
芽キャベツはこうすると癖が無くなりますか?夫は芽キャベツが嫌い。普通のキャベツに混ぜて隠したりしていますが…。オーガニック宅配によくこの芽キャベツが入ってくるんですよ。あのちょっと癖のある味をなくすにはどうすればよいのか、と思っていたので。
2009.01.27 09:55 | URL | #- [edit]
Guko says...""
きりたんぽ、とってもおいしそう♪

祖父が秋田の出身で、冬になると親戚からきりたんぽをもらって食べていたのが懐かしいです。

自分で作るときはご飯を柔らかめに炊いて、少しつぶしたあと棒に巻きつければいいのかしら?

鍋もいいけれど、やっぱり本格きりたんぽ鍋には比内鶏がないと・・・、と贅沢なことを考えてしまいます。ヨーロッパではムリですね・・・笑
2009.01.27 17:48 | URL | #- [edit]
ぽめ says...""
子供の頃、東北に住む伯母の家に滞在した時にきりたんぽを初めて口にし、そんなにおいしいものではないなと思ったのですが、みらさんのこのきりたんぽおいしそう!こんがり焼けているのがたまりませんね。

大人になったら嗜好が変わって好きになるものもありますし、今なら好きになるかも・・・。
2009.01.28 05:36 | URL | #MiKfgRIk [edit]
みら says...""
> sarasaさん
芽キャベツはクセがありますもんね。好き嫌い、はっきり分かれますよね。
これ、他の野菜も一緒に煮込んで、スパイス(…って言っても私はナツメグだけでしたが)たっぷり使うと、芽キャベツとはわからないようです。うちの二人は、芽キャベツ好きなのですが、最初気づかなかったようです。
それと、タイムとも合うので、タイムとバターを隠し味にしても美味しいかも。
細かく千切りにして、生でサラダにしちゃうのもいけます。試してみてくだされ。

2009.01.28 08:27 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Gukoさん
本場のきりたんぽを召し上がっているのですね。いいなぁ。秋田の本物は、やっぱり違うのでしょうね。
これ、ごはんの質にもよりますよね。カリフォルニア米では、ちょっと粘りが乏しかったかも。

> 比内鶏
おお、そうか~。すっかり忘れてました。やっぱり日本でないと無理ですね。

2009.01.28 08:31 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ぽめしゃん
わかるーわかるーーー!!
私も子どもの頃わからなかった味が、あとでわかるようになって、「大人だ!」と自分に感動したことあるもん(←バカ)。
きりたんぽには、やっぱり哀愁が必要なのかも(違)。

2009.01.28 08:34 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2019-ca361142
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。