スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごま油粥

Posted by みら on   8  0

料理は、作るのも見るのも食べるのも好きなのですが、レシピ通りに作ることがないので、レシピのみのレシピ本とは無縁の生活をしています。
が、薀蓄があって、文章にも魅力のある料理本を「読む」のは好きで、日本人でいえば、玉村豊男さんのファンです。

玉村さんとの出会いは、「パリ 旅の雑学ノート」で、これは私の(大昔の)パリ滞在中のバイブルにもなったほど(笑)。
(岸恵子さん以上に(*パリのおばさま/赤い疑惑)、パリを身近に感じさせてくれる日本人の文筆家は、私にとっては玉村さんと遠藤周作。)

で、古い玉村さんの著書、「料理の四面体」を再々々々…度読んでいて、びびびときたのが、「心平粥」。
詩人草野心平氏の創案の「ごま油粥」だそうです。

生米とごま油と水の割合は、「1:1:15」
「ええーっ、15倍の水!米と同量のごま油!」とか驚くのですが、しかし少量で一人分作ると、かなり美味。
味の決め手は最後に振りかける塩。
著書の中では、2時間火にかける…となっていますが、さすがにそこまで待てずに、短期決戦型ですが、塩とごま油とねっとりしたお粥がなんともいえないまったりとした色気を発し、大変美味しゅうございました。



ごちそうさまでした。

そうそう。
ちなみに、この文庫本(「料理の四面体」)、実はドイツで購入してました。
当時のドイツ・マルクで「DM16」(当時で700円くらいか。日本の価格の倍でした)。値札シールを見て、さらに懐かしくなりました。

関連記事

-8 Comments

tuguki says..."`思い出した~~~!"
「料理の四面体」
友達に貸したまま、帰ってこなかったの~~~!
ちなみに、この 心平粥  「檀流クッキング」にも出てました。
2009.02.06 04:18 | URL | #- [edit]
あきこ says...""
お米とごま油が同量?
確かにおどろきですが、美味しそうですねぇ。
香りがよさそう~。
2009.02.06 09:18 | URL | #- [edit]
みら says...""
> tuguさん
そうそう!>檀流クッキング
昨日、ちょっとググッたら美味しそうなサイトがたくさん出てきて空腹に泣きました。笑
おお、お持ちでしたか!>四面体
あとで息子が一人暮らしをはじめたら(いつだろう?)、貸してあげようと思っているんですよね、これ。ははは。

2009.02.06 11:54 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あきこさん
すごい量のごま油でしょ!私もびっくりしたのだけど、でもゴマ好きにはたまりません。日本の美味しいごま油と土鍋で作ったらもっと美味しくなると思う。

2009.02.06 11:56 | URL | #mQop/nM. [edit]
melocoton says..."ごま油の量に"
ちょっとビビりますね。
でもすっごくおいしそうなのでやってみます!
2009.02.06 18:20 | URL | #p9d1td6M [edit]
じゃん says...""
胡麻油と塩、絶対美味しいに違いない…!
米と同量の油って、ちょっと怯みそうだけど(笑)。
「料理の四面体」 、面白そうなので買ってみます。
2009.02.06 23:49 | URL | #C9/gA75Q [edit]
みら says...""
> meloさん
そうなんですよ~!ごま油、すごいですよね。でも美味しいです。ぜひぜひ試してみてください。
コツは、決してかき混ぜないことだそうです。ルクなんかでじっくり炊き上げるといいんじゃないか…と思います。

2009.02.07 08:45 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> じゃんさん
ごま油と塩の相性は、ほんとに抜群ですよね。これはほかに余分なものがなにもないので、まさに、「Match made in Heaven」状態。韓国料理が食べたくなりました。
料理の四面体は、玉村さんの初期作品なので作風がちょっと違うのですが、楽しい著書です。男性や料理初心者にもぴったりかも。

2009.02.07 08:47 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2024-8ca7ed5a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。