スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Golliwogという差別用語

Posted by みら on   6  0

マーガレット・サッチャー(Margaret Thatcher)元首相の娘で、ジャーナリストでタレントのキャロル・サッチャー(Carol Thatcher)が、遊軍記者(Roving Reporter)として出演していたBBC番組「The One Show」のグリーン・ルーム(楽屋)で、フランスのテニスプレーヤー、ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)選手を、黒人蔑視用語の「ゴリウォグ(Golliwog)」と何度も呼んだことをBBCが問題視し、キャロル本人に説明と謝罪を求めたところ、キャロルは「ただの冗談である」と謝罪を拒否。

結局BBCは、キャロルを番組から降板させたのだけれど、彼女の発言が、(放送上ではない)楽屋内であったことと、サッチャー元首相とBBCとの確執等から波紋を呼び、BBCに抗議が多数。ロンドン市長のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)もキャロルを擁護する発言をするなど、さらに議論が拡大しています。

***

ところでわたくし、「ゴリウォグ(Golliwog)」という言葉、知りませんでした。

絵本作家のフローレンス・アップトン(Florence Kate Upton)さんが、子供向けの絵本の中ではじめて登場させた(1895年)黒人のキャラクターが、「ゴリウォグ」なんだそうですが、イギリスで爆発的に有名になったのは、ジャム会社の「Robertson's」がイメージキャラクターとしてラベルに使い、ジャムを食べてトークンを集めると、ゴリウォグのバッジがもらえますよ!というキャンペーンを長いこと行っていたから…のようです。
このキャラクターは「ゴリー(Golly)」という愛称で親しまれ、2002年に引退するまで英国人の食卓の友(…ですか?)で、バッジはコレクターズ・アイテムともなっていたそうです。
こんなサイトもあります。
>> Golly Corner

ゴリーの(ジャムラベル)引退のニュースはこちら。
>> 'Controversial' golly to be shelved (BBC)

ついでに(ゴリーとは関係ないですが)、ジャムの「Robertson's」は今年いっぱいで撤退だそうです。
>> Robertsons Jam to disappear (Telegraph)

このキャラクターの「ゴリウォグ」(ゴリー)が、時代とともに黒人を蔑視する差別用語にもなっていった…というのは、なんだかよくわかるような気がします。アメリカほどではないにしろ、イギリスだって人種の多い、しかし立派な白人社会ですしね。
このあたりの記事が参考になります。
>> What is wrong with calling someone a golliwog? (Times)
>> So ‘golliwog' is harmless? Step inside my skin (Times)
>> From bedtime story to ugly insult: how Victorian caricature became a racist slur (Guardian)

…と、思ったら、横から夫の解説が入りまして、「Golliwogと言うのは、19世紀のミンストレル・ショー(Minstrel show)をベースにしているから、それで人種差別に繋がったのではないの?」…だそうです。
で、調べてみたら、作家のアップトンさん(アメリカ生まれ)はやはり「Black minstrel doll」を基に、ゴリウォグを生み出したそうで、確かに顔や衣装のデザインは、ミンストレル・ショーですね。そうか…。
>> The Golliwog Caricature

***

「オンエア上ではなかったし、楽屋にいたのは12人ほどのスタッフと出演者。そこでキャロルが言った"冗談"をまともに受けて、番組降板までさせるBBCは行き過ぎだ。もちろん、Golliwogが差別用語だということはよくわかっているけれど…」

…というのは、おそらくこれまで、人種や肌の色のみで差別を受けたことのない「白人」の考え方だろうなぁと思います。

キャロルに「Golliwog」(さらに、「Half-Golliwog」「The Golliwog Frog」)と呼ばれた、ツォンガ選手のお母様が、彼は"deeply hurt and upset"で、この攻撃に"absolutely astonished"とコメントされたことだけでも、これは謝罪に値することだろうと私は思います。
それを、「ただの冗談」で片付けるキャロルは傲慢以外のなにものでもないんじゃないかと。
>> Carol Thatcher's golliwog remarks ‘made eyes roll in the green room’(Times)

差別用語や発言に関しては、言った側の思想が反映されるべきでなく、受け取った側の心情がもっとも考慮されるべきものであろうと思います。
楽屋に12人しかいなかったとしても、その発言で誰かを不快にしたのなら、キャロルは謝罪するべきだったし、メディアの中で言葉や意見を発する人間としては、もっとこの問題にセンシティヴになるべきだと、私はBBCの決断を支持…です。

番組「The One Show」のブログの中で、スタッフがオフィシャル・ステイトメントを出していますが、正論ではないかと思います。

"In some reports it has been suggested that the word in question was used in jest. This was not the case and the use of the word to describe a black sportsman caused instant offence."



とはいえ、難しい問題ですよね。この差別用語。
偉そうなこと書きましたが(汗)、私など、だいたい「Golliwog」って言葉自体、知らなかったわけですし…。日本人への差別用語だって、知らずに素通りしている場合が多いかもしれないです。
こういう四角四面のポリティカリー・コレクト社会もどうかとも思う一方で、自分が実際に受けた差別や目にした差別を思うと、避けて通ってはいけない問題だとも思うし…。

受け取る側の気持ちに常に敏感ではいたい…とは思うのですがね。(いまだに課題)

***
関連記事

-6 Comments

ふっちゃん says..."クロード・ドビュッシー"
ピアノ習ってた頃にちょっとだけ弾いたことのある曲でGolliwog's Cakewalk「ゴリウォーグのケークウォーク」っつーのがあってね…
なので、黒人を表していることは知っていたけど、こういう背景は知らなかったな。
これが差別用語だったらイギリスのピアニストはこの曲弾けなくなっちゃうのかね?

よかったらmidiどぞ。
http://homepage3.nifty.com/principe_de_plaisir/midifile/CHILD_06.MID
2009.02.08 00:50 | URL | #SFo5/nok [edit]
sarahoctavian says...""
このニュース、当地の新聞でも小さく報道されてました。日本だったら「チビ黒サンボ」みたいな名称だったのかな?とにかく公に顔を出す人間が、楽屋だったとしても冗談のつもりだったとしても、口に出すべきじゃなかった・・ってことでしょうね。もっとも、心でそう思ってるというだけでも悲しいけど。とにかく外国に住む外国人としてはとても気になる話です。それから、日本人のなかにも外国人に偏見持ってる人間少なくないはず。
2009.02.08 04:37 | URL | #h2MoU1IQ [edit]
みら says...""
> ふっちゃん
あ、この曲だったのか!midi、ありがとう。
Golliwog調べてて、ドビュッシーにも行き当たったのだけど、「どんな曲だったっけ?」で止まってたわ。

ピアノ曲と人種差別は関係ないさ。演奏によっぽどの他意がない場合は。(ないよな、普通。)
アガサ・クリスティの「Ten little niggers」もそのままのタイトルだしなぁ。

…で、このレス中にごめん。「黒人」っていうのも、こっちでは差別用語なんだよね。むむ。あとで文章の表現、変えておきます。

2009.02.08 09:59 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> sarahoctavianさん
私は、「ダッコちゃん」を思い出したのだけど(覚えてらっしゃいます?)、あの人形もいつか消えてしまいましたね。
Golliwogが黒人差別の象徴となっているのは、「ミンストレル(minstrel)ショー」を模してあるからでしょ。…と、先ほど横から夫に指摘されましたが、そうか、なるほど、ですよね。しかしこれらも日本の感覚ではピンとこないもんです。

その楽屋での一回の発言だけでなく、過去にも匂わす何かがあったのかも?と勘繰りたくなるような早い降板で、批判も多いですが、でも白人アッパーミドルクラスが他人を見下すのは、英国ではごく普通のことなんで、そこがまた悲しいところです。

ええ、ええ。日本人が他のアジア人やアフリカン・アメリカンに偏見を持つ光景、私もかなり多く目にしましたよ。人種の洗礼を受けてない国ですしね。海外では気をつけなければ…ってこと、多々ありますね。はい。

2009.02.08 10:21 | URL | #mQop/nM. [edit]
ミランダ says...""
う~ん、「ダッコチャン」「ちびくろサンボ」というのもありましたね。これらも消えていってしまうのかな…。
2009.02.08 10:28 | URL | #- [edit]
みら says...""
> ミランダさん
「ちびくろサンボ」も問題になってましたよね。好きな物語だったので悲しかったことを記憶しています。差別や偏見が少なくなればいいな…と理想論を抱きつつ、しかしこれだけは無理でしょうねえ。

2009.02.09 08:31 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2030-d0e5d244
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。