スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Great Salmon Run

Posted by みら on   2  0



私の「理由もなく涙腺がゆるむカップリング」…っていうのは多数あるのですが(笑)、その中でもベスト10に入るひとつが、「熊と鮭」。

で、昨夜のBBC Oneの「Nature's Great Events」の「The Great Salmon Run」がまさにこれで、BBCの芸術的に美しい映像の中で躍動する鮭の溯上とグリズリー・ベアの親子の姿に、なんだか不思議なエネルギーをいただきました。
BBCのiPlayerは、在英でなければ見られないと思うんですが(残念)、とりあえずリンクを貼っておきます。
>> The Great Salmon Run

BBCのネイチャー番組では定番のサー・ディヴィッド・アッテンボロー(Sir David Attenborough)は、ここでも圧巻としか言い様がないです。

産卵のために、本能と自然の力に突き動かされるままに何千マイルも川を遡っていく鮭に、これまた生き延びるためにそれを待つグリズリー・ベア。成功率は1000匹中4匹(…と言っていたような気がするのですが、間違っていたらすみません)なのに、産卵に成功して力尽きて死んでいくパシフィック・サーモン。(アトランティック・サーモンはまた海に戻っていくそうで…。)
そのサーモンの死骸が、海からのミネラルをたっぷり含んだ養分となり木を育て自然を潤し、その恵みは、再び地球のための糧となる。

こういった自然の営みの前では、人間はもうひれ伏すしかないです。

時々、子育てに悩むことがあるんですよ。もう~、12~13歳の英語を話す(笑)小生意気な男の子の気持ちなんてわからんぞ!と一人で焦ることもあるのですが、そういうときは、延々と説教をする前に、自然の大きなものを一緒に見よう…という気持ちになるんですわ。
実際に海に行ってもいいし、川の急流をのぞきこんでもいい。こうやって、「熊と鮭」を一緒にTVで見るのもいい。すぐに答えが出なくても、もしかしたら何かが心に残ってくれるかもしれない。…とかね。

子どももだんだん親から離れる年代に入っていくわけで、親側の私も、次のステップを踏むときなんでしょうね。




関連記事

-2 Comments

PiggyBabes says...""
素敵なお話の後に くだらない画像で申し訳ないのですけど、非常に笑えるシリーズなので 一度観てやって下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=pewILmqHZ3I

そちらも少し暖かくなって来ましたか?
2009.02.20 17:58 | URL | #dZ2c3wmQ [edit]
みら says...""
> PiggyBabesさん
お、これ、どこかで見たことあったかも…と思ったら、ジョン・ウエストでしたか。ははは。汗

2009.02.21 07:41 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2041-d3e27983
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。