スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマールな髪型

Posted by みら on   0  0

ふと気付けば既に4月。
今日「あ!」…と思ったのだけど、そういえば結婚記念日なんかもすーっかり忘れてました。orz (一応3月の半ばだったんですけどね…笑)。10年過ぎると、もうどうでもいいや(槍投げ)。

さて、息子の髪切り。
予約の5分前に美容院に着いて、待つこと40分。人気だしなぁ。混んでるんだろうし、しょうがないよね。(でも、NHSみたくてやだなぁ。)…とか思いながら忍耐強く待っていたら、…ら、…ら、
「ごめんなさい。担当が病気で休んでいるので、今日はできません。」
…だと!?
「おいおいおいおい。そんなの最初からわかってたことだろうがあああ!!なんでここで40分も待たせなきゃいけないんだよおお!」
…と、心の中でわなわなしつつ、でも謝る受付の若いおねえちゃんに、「It's not your fault.」と笑顔で、半泣きの息子を引っ張って外へ出る。

「人気だって腕がよくたって、二度と来ないぞ!」…と息子と決意を新たにし(笑)、別の美容院(これも紹介だったのだけど)で翌日の予約を取る。(←このために、今日の仕事のスケジュールが見事に狂ってしまったことは言うまでもない。あぁぁぁ、ちかれたああ。)

…で、これが結構良い結果に終わりました。
レイヤーざくざく、右と左もわざと不均衡にして、サイドは長いのをばさっと顔にかける(…たいしてかかんなかったのだけど)方向で完成。
できあがってから私の友人たちに見せたら、概ね好評のようで、「ファンキー」だそうです(笑)。
←後ろから見ると、普通に見えますけどね。
赤ちゃんの頃からいつも女に間違われるくらい「男っぽくない顔」した息子なんですけど、これに長髪で、最近も時々「she...」とか「her...」とか間違われて、意地になって訂正してきた経緯があるので、この髪型で息子はかなり満足のようです。
よかった、よかった。
最後に簡単なストレート・アイロンまでかけてくれて、£9.50(2000円)
こういう値段は、ロンドンでは絶対に出てこないよね。田舎バンザイ!

帰り道、この髪型、どうもなにかに似てるな…と思ったら、
リマールだよ…(笑)。


Limahl
And there upon a rainbow
Is the answer to a never ending story
Ah....
Never ending story...
Ah....
Never ending story...
Ah....
Never ending story...
Ah....
Never ending story...

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2043-2fd5ba83
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。