スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラクタ・ハンティング

Posted by みら on   0  0



古い仕事場からの引越しも終盤。
荷物移動をしていると、ずっと忘れていたものが箱の中から出てきたりする。大人には「ガラクタ」も、子どもには「宝物」。
宝探しの目を持つと、こんなものも見えてくる。
葡萄の木に実り始めた青いぶどうの陰に隠れていたのは、カメムシ(…みたいに見えたんだけど…)。
こういうのは子どもの目にはすぐわかる。
視力が限りなくゼロに近い私には、無理。orz



そして息子が発見した古いデジタル時計。



夫が子どもの頃に、誰かから譲り受けたもの…。1974年製。
一時期ドイツでは流行ったらしいけど、三共精機のもの。70年代にはポピュラーだった"メイド・イン・ジャパン"。
どうせ壊れているに違いない…と思って、電源を差し込んでみたら動く、動く。アラーム機能も完璧。さすが日本製。
というわけでこの時計、息子のものに…。(男の子って、こういうの好きよね。)
問題は、カシ、カシっ…と、時を刻む音がうるさいことである。
こんな音の隣で、よく眠れるよなぁ。>息子




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2052-6081b678
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。