スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salt Flakes & Mixed Peppercorns

Posted by みら on   0  0



趣味の「塩」収集には余念がないのだけれど、今回は、シュヴァルツ(Schwartz)の、「Salt Flakes & Mixed Peppercorns」。



フレーク塩に6%のペッパーコーン(黒、ピンク、白、緑)、コリアンダー・シードにオールスパイス入り。
悪くはないのだけれど、塩が普通過ぎ。ミネラルの甘みが少ないので、味付けも一方的感が否めず。
これは、塩だけ勝負じゃなくて、トマトとかクリームと一緒のほうが合うな…というわけで作ってみた料理は、サヴォイ・キャベツのクリーム煮。



サヴォイ "ちりめん" キャベツをバターでじっくり炒めて、水少々+Salt Flakes & Mixed Peppercorn(くすっ)+ナツメグで煮込んだら、最後にシングル・クリームを加えて、ことこと。
これをバターだけで合えたフェトチーネに添えて食卓へ。
シンプルだけど、美味しゅうございました。



この塩のバックグラウンドは、石かな…と、息子の収集していた石と貝の箱を眺めていたら、奥のほうから、シーシェルの化石が出てきました。
地質学専攻だったお兄さんに、息子が6歳のときにいただいたもの。
実は彼に、このブログのタイトルともなった「アンモナイト」の化石もいただきました。

森瑤子さんが、癌になられたときに、アンモナイトの化石を握り締めて深く感じるものがあった…って書かれていたのに感化されて、癌宣告を受けた母の枕元にも置いておいた太古の化石、アンモナイト。
2003年の冬に、livedoorで衝動的にブログを始めたとき、目の前にあった化石を見て、「アンモナイト」と題したのが、いま私が続けているブログの事始です。

Now buried in a grave of time,
Beneath a frozen sea
Of long-forgotten memories
Your words are still with me.


…と、その後「Ammonite」の詩を書いてくれた夫にも感謝。

(って、なんで塩からこんな話になるのさ?)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2065-6b3d4775
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。