スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sliding Doors

Posted by みら on   0  0

Sliding Doors (スライディング・ドア)
Director:Peter Howitt
Release Date: 1 May 1998 (UK)
Tagline: There are two sides to every story. Helen is about to live both of them ... at the same time.
Plot: A London woman's love life and career both hinge, unknown to her, on whether or not she catches a train. We see it both ways, in parallel.

地下鉄に飛び乗れた場合と逃した場合。ドア一枚で分けられた、ある女性の運命2種類を、if形式で同時進行で描く。舞台はロンドン。
サスペンスとかホラーだったら、もっとおもしろかっただろうなぁ…と思いつつ、しかしこれは、ラブコメ。映画にするより、TVの2時間枠かなんかで軽く見るほうが妥当なんじゃないか…ってな作品です。
①恋人の浮気現場に出くわして、すぐにそこを去り新しい恋人を見つけるか、②出くわさず、恋人の嘘を疑いながら関係を続けていくか…っていう同時進行形式。

98年で、グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)がまだ初々しくてすごくかわいいのね。ただ彼女と関係する男性側が不甲斐なくて、見ていてイライラ(笑)。主要な3女性は、活きが良くてそれぞれに素敵なのだけど。
ジョン・ハンナ(John Hannah)は、「Four Weddings and a Funeral」で、W.H. Audenの詩を読んだあの方ですよね。スコティッシュ・アクセントがきつくて、毎回「うわっ」っと思うものの、聞いているうちに耳が心地よく馴染んでしまう不思議な魅力があります。>グラスゴー・アクセント=Glaswegian

作品としては完全にB級。
ファッションは、カルヴァン・クライン vs DKNYで、それなりに楽しめますが、でもそれも別に映画にはなんのスパイスにもなってないし。とりあえず、時間つぶしには良いかもです。
ただ、「はぁ?」な不自然な描写場面が多くて、TVにもの投げつけたくなったりもします(笑)。


Funeral Blues
W.H. Auden

Stop all the clocks, cut off the telephone,
Prevent the dog from barking with a juicy bone,
Silence the pianos and with muffled drum
Bring out the coffin, let the mourners come.

Let aeroplanes circle moaning overhead
Scribbling on the sky the message He Is Dead,
Put crepe bows round the white necks of the public doves,
Let the traffic policemen wear black cotton gloves.

He was my North, my South, my East and West,
My working week and my Sunday rest,
My noon, my midnight, my talk, my song;
I thought that love would last for ever: I was wrong.

The stars are not wanted now: put out every one;
Pack up the moon and dismantle the sun;
Pour away the ocean and sweep up the wood.
For nothing now can ever come to any good.

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2084-1b3decb9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。