スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち主の方がわかりました!

Posted by みら on   29  0



2月12日付で、「千人針」の記事を書かせていただきました。(>> 千人針

友人のお父様がビルマ戦線より持ち帰り、その後大事に保管されてきた日本兵の千人針を、祖国のご遺族の方にお返ししたいという友人の意思を受け、ここでもエントリーとしてアップし、たくさんの温かい言葉をいただきました。

本日、調査をお願いしていた「厚生労働省社会・援護局」より封書が届き、この千人針の持ち主が特定できたという朗報をいただきました。
千人針は、ご遺族の方にお返しできそうです。
こちらでも、友人はじめ、一同そろって感激しております。

メールの送受信がなぜかうまくいかなかったようで、今回、封書にて最初の一報を受け取りましたが、紙に書かれた文字がこんなにも重く温かいものだったのだということを実感しました。
メールやネットが一般になっている昨今、個人的な手紙をのぞいて(これも減ってますね...)、封書はDMやビジネス類が中心となってしまっていますが、「書かれた文字」というのは、心に残るものなんですね。すっかり忘れていました。

ご尽力くださった厚生労働省の社会・援護局のみなさま(特にM様)には、言葉で表せないほど感謝しております。改めまして、どうもありがとうございました。

千人針の持ち主の川端様は、歩兵第124連隊にいらしたそうです。
ということは、あの過酷なインパール作戦にも参戦されておられたのでしょうか。
その想像を絶する運命を想い(もちろん、想像さえできないですが...)、今日また改めて焼香し、手を合わせました。
65年という長い歳月が過ぎてしまいましたが、千人針は故郷の長崎にお返しします。
どうぞ安らかにお眠りください。

-----

千人針を受け取り、まず何をしたらよいのかもわからなかった私に、的確なアドバイスを下さった、「戦争を語り継ごう」「旧日本軍人の遺留品」の西羽潔様、そして、見ず知らずの私に親身にご相談に乗ってくださった「紫蘭の部屋」の紫蘭様、ご自身のブログでも書いてくださったfussyvetさん、「Belgium-Tokyo yaburekabure!」のさちさん、アドバイスと応援をくださったみなさま、コメントくださった、tuguさんchichiさん日本カモシカちゃん、Sophieさん、Zesulanさん、拍手を送ってくださった多くのみなさま、直接お返事を書けなかったのですが、拍手コメントで温かい言葉をくださったI様、そしてもちろん、記事を読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

みら
2009年4月7日

関連記事

-29 Comments

あきこ says...""
密かに気にしてましたが、持ち主の方がみつかってよかった!
多くの人の思いが込められ送り出された千人針が、何十年という時を経て、また新たに多くの人の思いが込められて日本に帰っていく。この思いが積み重なれば、同じような争いは、この世からなくなってゆくんじゃないか。そのために、この千人針は今もこの世に存在し、人々の間を渡ってゆくんじゃないか。
そんな気がしてしまいます。
2009.04.08 09:28 | URL | #- [edit]
tuguki says...""
なんだか、鳥肌が立った次の瞬間、涙まで流れてきました。
様々な人の、様々な思いがこもった “千人針”。
ご遺族の元に帰ることが出来るんですね。

ただ、ただ、ご冥福をお祈りいたします。
2009.04.08 09:58 | URL | #- [edit]
fussyvet says...""
 よかった。でも、なぜか背筋が寒いです。これから引き渡しが行われることと思いますが、ご家族の気持ちは想像もつきません。
 二度と”遺留品”の返還などしなくてもよい世界が続きますように。そのように動いていきたいと思います。ちょっと日本の若者に右傾化の動きがあるのが気になりますが、自分ではますます選挙でよく考えて投票しようと思いました。
2009.04.08 10:23 | URL | #1qJCdU76 [edit]
Anon says...""
いつも興味深くブログを拝読しています。MISHAと申します。

千人針の件、万事解決されたとのこと、本当によかったですね。自分のことのように嬉しく、初めて書き込みさせていただきました。みら様の行動力とご努力には頭が下がります。お疲れ様でした。

私事ですが、先日ちょっとしたご縁があり、防衛省の市ヶ谷地区見学ツアーに参加しました。記念館には各種遺品の展示があり、その中にも遺族から寄贈されたという千人針があり、みら様の件を思い出していたところでした。

みら様の文章から滲み出る知性とユーモアにいつも励まされています。これからもお邪魔させてください。

お身体にはくれぐれもお気をつけて。
2009.04.08 11:35 | URL | #- [edit]
mk says...""
エントリーを見て、思わず、『うわ~』と声が出ました。
今回の事に関わられた方々、お疲れさまでした。
何の協力もしていない私もほっとしてます。
2009.04.08 13:28 | URL | #- [edit]
Anthony says..."心が温かくなりました"
みらさんの勇気ある行動がこうして実を結び嬉しくて言葉もありません。
とても大事な事を学ばせてもらいました。

みらさんが情熱を持って行動なさったからこそ、千人針は今回お家へ帰ることができる。
糸を刺された方々の想い、持ち主の方の想い、そしてみらさん、今回応援をなさった日本の方々の愛情や想いが、時間や距離を越えて形になるんだということ、それを事実として教えられました。

こちらに住んでいるために戦争を英国側から静観しがちだった日々、
日本の戦争を潜り抜けてきた祖先と自分がつながっているからこそ
今生かされているんだということを改めて知らされました。

どうも有り難うございました。
2009.04.08 20:05 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.04.09 01:47 | | # [edit]
ktmorris says...""
よかったですね。
私の祖父も南方で戦死したのですが、遺品も何もなかったそうですから、ご遺族の方は嬉しいでしょうね。祖父のことを思い浮かべながらこの記事を読みました。
2009.04.09 03:06 | URL | #ZGPMptfU [edit]
みら says...""
みなさま、コメントありがとうございます。
(英国時間で)明日改めて、お返事書かせていただきます。申し訳ありません。

2009.04.09 08:22 | URL | #mQop/nM. [edit]
ish says...""
エントリを読んだものの何もできず、結局見守っているだけでしたが、本来あるべきところに収まって本当に良かったですね。
世知辛い世の中だけど、こういうことがあるとまだまだ捨てたもんじゃないって思います。
2009.04.09 12:34 | URL | #TY.N/4k. [edit]
Zesulan says...""
持ち主の方がわかったとのこと、本当によかったです。
いつも左端に表示される千人針の写真には、いつ変化があるのかなあ…と思った矢先でびっくりしました。
何かに関わることはときにわずらわしい。でも、それによって新しい何かもまた導かれるんだなあ、としみじみ思いました。
お疲れさまでした。
2009.04.09 20:30 | URL | #- [edit]
日本カモシカ says...""
遺族の方が見つかったとのこと。
本当に良かったです!!
ご家族の方も、ご本人が帰国されたような気分で嬉しいんじゃないかな、と思います。
数十年の時を経ていたというのに、みらさんの一声で持ち主の方が判明するとは、なんだか心が温かくなりますよね。^^
本当にお疲れ様でした。
2009.04.10 01:33 | URL | #AGleTvxg [edit]
chichi says..."ご遺族見つかったんですねえ"
厚生労働省はきっと名簿かなにかを管理しているだろうとは思いつつも、みらさんがビルマへ出兵して行った兵士の数は大変なものだと書いておられたので、少し時間がかかるのかなあと思っていましたが、ついに見つかりましたか。良かったですねえ。激しかったであろう戦闘、65年という時間を考えると、人と人のつながりでってすごいもんですねえ。国境を越えてでも、持ち主の家族を見つけ出しちゃうんですから。ご遺族もお喜びの事でしょう。

みらさん、お疲れさまでした。
2009.04.10 15:25 | URL | #T61DVtR6 [edit]
みら says...""
お返事が遅くなりました。申し訳ありません。温かいコメント、どうもありがとうございました。

> あきこさん
千人針の持つ重み(すなわちそれは命の重みですよね。しかもたくさんの方の命…)を考え、お預かりしてしまったことに重大な責任を感じていたので、知らせを受け取って、本当にほっとしました。
遺留品だけでなく、遺骨もいまだに様々な場所に様々な思いを抱えて眠っているわけですよね。考えさせられます。

2009.04.10 18:23 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> tugukiさん
私たちも国を離れて暮らす身で、やはり、持ち主が判明できずとも、日本にだけはお返ししたい…と、ひしと思っていたので、判明のお手紙に、わなわな震えました。そして緊張していた心もほどけました。
ご遺族の近くで安らかにお眠りください・・・という気持ちで、私もいっぱいです。

2009.04.10 18:26 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> fussyvetさん
これを機に、私もビルマ戦線について読み、そのあまりのむごさに、改めてこの千人針の重みを確認しました。戦争とは、敵・味方や勝ち・負けではなく、ただただ無意味に若い命を奪っていくものですね。

こちらで千人針を保管されていたJのご主人が、「こんな風に散らなくても良かった命を…」と呟いておられましたが、いまだに兵を派遣している国にいると、さらにやり切れなさを痛感します。
2009.04.10 18:41 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> MISHA様
温かいコメント、どうもありがとうございます。そして書き込んでくださって、ありがとうございます。

千人針は、名前として知ってはいたものの、実物を見ると、その重さと悲しさに身体が軋みそうになります。それは、持ち主の心だけでなく、針を刺した千人とご家族の悲痛な思いも一緒に込められているからなんでしょうね。

今回は、まず何からはじめて良いのかわからなかった私に、親身に教えてくださったみなさまに深く感謝しています。またこのように迅速に調べてくださった厚生労働省のお仕事に、脱帽するのみです。
そこここにいまだに眠っている遺留品が、いつか祖国に帰れる日が来るように…と、祈るばかりです。

2009.04.10 18:50 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> mkさん
素直に、素直に、ありがとうございます!
ほんとに私も、ほっとしたのと嬉しいのとやたら悲しいのと重いのとがいっぺんに混じった気持ちになりました。
でも、お返ししたい…というみんなの思いを届いてほんとにほんとに良かったです。見守ってくださって、どうもありがとう!

2009.04.10 18:52 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Anthonyさん
いえいえ、私は橋渡しのほんの少しのお手伝いをさせていただいただけで、あとは実際に行動されている日本のみなさまのおかげです。
今回、実際にこの戦争を体験されている方とも交信ができ、その貴重なご意見、この千人針への想いに、じんときました。私たちは戦争の経験がないけれど、でもこういう気持ちは絶対に風化させてはならないと痛感しましたよ。

私も、夫はドイツ人だし、いまいる場所はイギリスだし…で、戦争に関しては、ヨーロッパ視点になっていることが多かったように思います。
今回改めてビルマ戦線や太平洋戦争、日本兵の遺留品…に関して読んでみて、「あぁ、私は日本人として知らないことが多過ぎる」と、情けなくなりました。
もっと学ばなくては、そして子どもたちにも伝えなくては…です。

2009.04.10 20:14 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ヒミツさま
コメントありがとうございます。
ひっそりと無事にご遺族のもとへお返しできれば、それが一番だと思います。それと同時に、遺留品のご遺族探しをされていらっしゃる方々の努力には頭が下がります。
一番大切なのは、過去を風化させずに曲げずに子どもたちにも伝えていくことではないかと思います。これは国籍を問わず…ですね。

2009.04.10 20:18 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ktmorrisさま
コメントありがとうございます。
今回、「戦死の知らせだけで何も戻ってこなかったので、せめて遺留品だけでも見つかれば」というお言葉もいただきました。
英国郵便に任せるのが非常に不安ですが(苦笑)、今は、無事に日本まで届きますように…と祈るばかりです。
2009.04.10 20:23 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ishさん
ありがとうございます。
そうなんですよね。こうやって見守ってくださった方のお気持ちが、私も非常に嬉しかったです。最近は痛ましいニュースが多いですが、やっぱり人の心はいまだにあったかい…と思うと、励みになります。
それを実感させてくださった千人針と川端様に感謝です。

2009.04.10 20:26 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Zesulanさん
ほんとによかったです。ほっと安堵したのが最初の気持ちでした。
(感情的に)非常に責任のあることでもあったので、思いを実現させてくださったみなさま、(特に厚生労働省と、個人的に活動をされている西羽さん)に感謝の思いでいっぱいです。

2009.04.10 20:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> 日本カモシカちゃん
ありがとうございました。
あとは、無事にご遺族のもとにお送りできるよう祈るばかりです。(やっぱりRoyal Mailは避けたほうがいいんだろうか…と、なんだか現実的な新たな問題が気になってしまってます(苦笑)。うう。)
見守ってくださった方、実際に行動してくださった方、読んで何かを感じてくださった方、みなさまに感謝です。
2009.04.10 20:38 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> chichiさん
お帰りなさい!そして早速、コメントありがとうございます。
千人針を友人から託されて、左下にお名前が入っているのを見たときに、「もしかしたら」という可能性は感じたのですが、しかし実際、ビルマで戦われた方たちの数に怯み、海の中に放り出されてしまったような感覚も味わいました。

…が、その後、助けてくださったみなさまの言葉に励まされ、厚生労働省に調査以来書を送ったあとは、祈りの1ヵ月半でした。
こういう最良の結果になって本当に安堵しています。改めて手を合わせました。ありがとうございました。

2009.04.10 20:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.04.11 01:21 | | # [edit]
みら says...""
> ヒミツさま
コメント、ありがとうございます。

そうだったのですか。
これもご縁ですし、またどうぞよろしくお願いいたします。私は結局ウェールズには馴染めず足掻いていますが(苦笑)、今度思い出話などできるといいですね。:-)
書き込んでくださって、どうもありがとうございます。

2009.04.12 01:43 | URL | #mQop/nM. [edit]
しん says..."たまたまですが…"
たまたまこのブログを発見したので書き込ませていただきます。
長崎で僧侶をしておる者ですが、この千人針のご遺族が当寺院のご門徒でありました。
現在はこの千人針の元に改めて法要を勤めさせていただき、現在は丁重に額におさめ、
寺院に保管させていただいております。
地元には、『この布に糸を通したよ』と言われる方も数人おり、
不思議な縁だなと思わせていただいたことです。

誓い将来、ビルマの地で地元の方とお参りできないかと個人的に模索している所です。
このサイトに出遇えたご縁に感謝します。
2010.01.20 13:08 | URL | #- [edit]
みら says...""
しん様
コメント、どうもありがとうございます。
そうでしたか。
この千人針を長い間保管してくださっていた英国人のご夫婦も、額に入れて家に飾ろうか…と考えていたものの、実際に広げてみて、「いやこれは、英国で何も知らない自分たちが、簡単に額に入れてしまうものではなく、きちんと持ち主のご家族にお返しするべきだ」と考えを改めて、私にご連絡くださったような次第です。
それを思うと、非常に感慨深いです。
こうして、あるべき場所にお返しすることができ、また長崎で多くの方に(糸を通された方にも!)再び見ていただけて、そして微力ながらそのお手伝いができて本当に良かったと思っています。
ビルマ、私もぜひお参りに参加したいです。その際は、またどうぞお声をかけてください。
地元の皆様に、どうぞよろしくお伝えください。

2010.01.20 20:59 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2099-bfcb92cb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。