スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年目

Posted by みら on   4  0



こちらはまだ16日夜ですが、5年前、母が息を引き取ったのは、日本時間でちょうど今頃の早朝でした。
そういえば、「息を引き取る」というのは、人が亡くなる…という意味と同時に、遺された人々が命を引き取って伝えていく…という意味もあるんだそうですね。
私はこの5年間、しっかり母の命を引き取って生きてきただろうか?と自分に問い直してみましたが、自信を持って肯定はできませんでした。
とりあえず、来年の七回忌は、日本にいられそうです。

母は膵臓癌の末期だったのですが、この時期、シンクロするが如く痛むのが、私の膵臓付近。
何かを口にすると即激痛という日々で、しかし今の仕事場は、前職のように簡単に早退などできないところ。痛み止めはほとんど効果なしで、耐えながらの1週間でした。

この痛み、既に持病になりつつあり、先日も書きましたが、最近は右肩から右背中への激痛も伴ったことで(これは一過性のものでしたが)、ある病気を疑ってネット検索。(NHSは当てにならないし...)。
で、こんな記述を発見し、「なるほど」…と。

Patients may be afraid to eat because eating brings on the pain. Depression is also common and this can also reduce appetite.


そうなんだなぁ。玉ねぎアレルギーだけでも、何か食べるのがこわくなっているのに、加えてこの痛み。口を開けるにもある種の恐怖が…(汗)。(結局、食べますけどね(笑)。白米中心で。)
金曜日は、仕事からようやく解放されて、「やった!」の勢いで、子供が作っておいた「Quorn」のチキンナゲット(ベジタリアン用)を軽く口に放り込んで、その後じたばた。
(英国での)ベジタリアン用の食材っていうのは、たいてい、玉ねぎとにんにくを多用してあるんですよね。これはもうQuornともお別れだな…と、青春の終わりを実感したのでした。(違う、違う)。

5年かぁ。

関連記事

-4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.05.18 12:22 | | # [edit]
あすとる says...""
辛いねぇ。でももう少しの辛抱だよ~ 日本に帰ったら絶対治るから! 食事も体に優しい食材で生き返るよ。

やっぱり人間生まれ育った食習慣で体ができあがるから大人になってから変えちゃ支障が出るんだと思うのよね... 

日本は鰹がおいしい季節だよ~
2009.05.18 17:39 | URL | #yl2HcnkM [edit]
みら says...""
> ヒミツさま
ありがとうございます。
そうなんですよね。普段から我慢強い人だったのですが、あの痛みだけは、文字通り生き地獄だったようです。厳しいですね。
ええ。看取る側は苦しいですよね。特に普段離れていただけに…。その罪悪感も、いまのこの痛みになっているのかもしれないです。
2009.05.20 06:23 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> あすとるちゃん
きゃあ、鰹!いいなぁ~。
そうなんだよね。体調が悪いと、やっぱりこっちの食事じゃなくて、純粋な和食が恋しくなるよ。特にお豆腐とかお蕎麦とか、美味しいご飯のおむすびとか。笑
日本でまた体質が変わるといいなぁ。願

2009.05.20 06:26 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2125-8fcbe28d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。