スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beachy Head suicide

Posted by みら on   4  0

最初のニュースは月曜日だったでしょうか?
イーストボーン(Eastbourne)はビーチーヘッド(Beachy Head)の、120m(400フィート)の高さの崖から身を投げたと思われるカップルの遺体が見つかった…という報道でしたが、社会を震撼とさせたのは、このカップルの傍にジッパーの閉まったふたつのリュックサックが落ちており、ひとつはおもちゃが詰められていて、もうひとつには、5歳の男の子が入っていた…という記事。
>> Three bodies found at Beachy Head (BBC)

早とちりした人からは、「子供をリュックに詰めて、無理心中?」と非難の声も上がりましたが、その後詳細が明らかになり、実は子供は既に死亡していたという内容が報じられ、「なぜ?」となった今日(火曜日)の午前中。

白亜の断崖絶壁で知られるセブンシスターズ(Seven Sisters)とともに、赤と白の灯台でも知られるビーチーヘッドは、シーフォード(Seaford)からイーストボーン(Eastbourne)までの海沿いウォーキングコース中の絶景地点としても知られていると同時に自殺の名所としても有名で、時々ニュースになることはありますが、しかし、死んだ子を背負ってのダイブという悲劇は、やはり異様でした。

そして今日の夕方。
亡くなったご夫婦と5歳のお子さんと、その事情が顔写真とともに公開され、声を失いました。
お子さんの写真のみをBBCのサイトでちらっと見たときに、「あら、アジア人のような…」と思いましたが、家族写真を見て、絶句してしまいました。
お母様、日本人の方でした。(ご主人はイギリス人。)

そして、ご家族の辿ったこれまでの道が、あまりにも悲惨で哀しく、心が潰される思いでした。
なんでこんな仕打ちを、このご家族が受けなければならなかったのか、そして、なぜこのような結末を選ばなければならなかったのか、言葉がありません。
天国で、家族3人安らかに過ごされるよう祈るのみです。
May they all rest in peace.

>> Suicide jump boy had died at home (BBC)
>> Beachy Head suicide couple jumped after son died of meningitis (Times)
>> Beachy Head family: Tragic Sam, 5, and the devoted parents who simply couldn't live without him (Daily Mail)

日英カップル、パティック(Puttick)さんの一人息子のサムくんは、1歳のときに自動車事故に遭い、首から下が麻痺。人工呼吸器が欠かせず、ケア体制も24時間必要な状態で、ご両親は仕事を辞めて家も改造し、付きっ切りで介護されてきたそうです。
サム君基金も開設され(>> Stuff4Sam)、口を使ってゲームやレゴで遊んだり、そして何より、笑顔がとびきり素敵な男の子に成長したそうですが、先週の火曜日に、メナンジャイティス(Meningitis)=髄膜炎(→pneumococcal meningitis:肺炎球菌性髄膜炎)を発症し入院。
回復の見込みがないと判断したドクターは、金曜日にご両親の希望通り自宅に帰ることを許可。その晩、サム君は、自宅で亡くなったそうです。
ご子息の死のショックが引き金になり、ウィルトシャー州の自宅からイーストボーンまで走行し、土曜日にビーチーヘッドから家族3人でダイブした…という報道になっています。

あまりにも悲しい事件でした。
ご家族のご冥福をお祈りいたします。

関連記事

-4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.06.03 16:02 | | # [edit]
みら says...""
コメント、ありがとうございます。
とても衝撃的なニュースでしたよね。さらに日本人の方であったとは…と、ショックでした。
なぜこんな過酷な人生を選ばなければならなかったのでしょう。いまは安らかに家族3人、空の上で幸せになられているよう祈るばかりです。

おお、そうでしたか!
私も実はSeafordに深い縁がありまして、それでこのニュースもさらに衝撃的だったんです。美しいけれど、同時に死が存在する場所でもあり、複雑な気持ちになりますね。
2009.06.05 09:12 | URL | #mQop/nM. [edit]
Hiro says...""
こんにちは。
以前、単身赴任時代に住んでいた村にこのご家族が住まわれていたらしいです。
最後のご自宅も昔の会社から本当に5分の所でした。

近所のTESCO等であったかもしれないと思うとショックでした。
2009.07.20 15:12 | URL | #lhh1e1jg [edit]
みら says...""
> Hiroさん
本当に痛ましい事件でした。
子どもの遺体を背負って崖から…という事実だけでも衝撃的だったのに、さらにご家族が直面していた悲劇を考えると、そのあまりの悲しさに言葉が見つからないです。
ただただ安らかに…と祈るのみです。

そうでしたか、そんなお近くに…。
なおさらショックですね。
ご冥福をお祈りいたします。
2009.07.22 05:42 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2136-10762d6f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。