スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IF..... Rudyard Kipling

Posted by みら on   2  0



ウィンブルドン(Wimbledon)、センターコートへ続く選手入場扉には、この言葉が刻まれているそうです。

IF YOU CAN MEET WITH TRIUMPH AND DISASTER
AND TREAT THOSE TWO IMPOSTORS JUST THE SAME



ラドヤード・キップリング(Rudyard Kipling)の詩、「IF.....(もし)」からの引用です。
キップリング(1865 – 1936)といえば、「ジャングルブック(The Jungle Book)」ですが、この詩も英国では好まれていて、1995年の「英国人がもっとも好きな詩」の一位にも選ばれているほど。

数年前にフェデラーとナダールが朗読した「IF.....」が、Facebook(Wimbledon)にアップされていて、じっくり読むとなかなか良いなと思ったので、アップさせていただきます。
あとで、(自分流)日本語訳もつけるかも。

IF.....

IF you can keep your head when all about you
Are losing theirs and blaming it on you,
If you can trust yourself when all men doubt you,
But make allowance for their doubting too;
If you can wait and not be tired by waiting,
Or being lied about, don't deal in lies,
Or being hated, don't give way to hating,
And yet don't look too good, nor talk too wise:
If you can dream - and not make dreams your master;
If you can think - and not make thoughts your aim;
If you can meet with Triumph and Disaster
And treat those two impostors just the same;
If you can bear to hear the truth you've spoken
Twisted by knaves to make a trap for fools,
Or watch the things you gave your life to, broken,
And stoop and build 'em up with worn-out tools:

If you can make one heap of all your winnings
And risk it on one turn of pitch-and-toss,
And lose, and start again at your beginnings
And never breathe a word about your loss;
If you can force your heart and nerve and sinew
To serve your turn long after they are gone,
And so hold on when there is nothing in you
Except the Will which says to them: 'Hold on!'

If you can talk with crowds and keep your virtue,
' Or walk with Kings - nor lose the common touch,
if neither foes nor loving friends can hurt you,
If all men count with you, but none too much;
If you can fill the unforgiving minute
With sixty seconds' worth of distance run,
Yours is the Earth and everything that's in it,
And - which is more - you'll be a Man, my son!

[1896 Rudyard Kipling]

関連記事

-2 Comments

ミスク says...""
すばらしい詩の紹介をありがとうございます。
といっても、後半の方は意味がよくわからなかったです。
ぜひぜひ日本語訳をお願いします。
本が出てないかと探してみたのですが、
岩波文庫36(!?)年版が絶版。残念。

英国の食育の問題とか、
ウェールズという土地のお国柄とか、
いつも内容が濃くて豊かで楽しみにしています。
2009.06.24 20:10 | URL | #o2hc0IC6 [edit]
みら says...""
> ミスクさん
お返事が遅くなり申し訳ありません。

絶版ですか!! 良い詩なので、ぜひ日本語版も再版していただきたいですよね。
はい。のちほど(おおまかな)訳をつけさせていただきたいと思います。

最近はなかなか更新できず、書きたいことだけが積み重なっている状態ですが(苦笑)、ぜひまたのぞいてくださいませ。コメントどうもありがとうございます。
2009.06.28 16:53 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2151-35d97879
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。