スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰亜離欧

Posted by みら on   26  0



福沢諭吉の「脱亜入欧」思想とはまったく意を異にするものだけれど、一個人の思考・環境としてとらえるならば、私の場合、今日で「帰亜離欧」ということになる。

最初の数年は行ったり来たりではあったけれど、欧州生活は既に20年弱。
仕事においても、欧州人(フランス人→ドイツ人→イギリス人)と二十数年を共にし、「日本人」であることを常に強く意識しながらも、結局、非日本的生活がすっかり定着してしまった。

「沈黙は馬鹿だ」の世界から「沈黙は金なり」という価値観に戻るのに、不安はないと言えば嘘になるけれど、ウェールズ批判をするのに、周りを少なくとも3回指差し確認して(ウェールズ人がいないことを確認してから)、ひそひそと悪口を言い合う人々の姿を見るのにもほとほと疲れてしまったし、潮時…ということになるのかもしれない。



ウェールズで最初に住んだ家(義兄元邸宅)には良い思い出はまったくなく、生活をはじめて2ヶ月で、(ウェールズを出たい一心で)イングランド・ボーダーのシュルースベリ(Shrewsbury)まで物件を探しに行ったりしたこともあった(笑)。
でもここを出て、タウンに住むようになってから、私のウェルシュ・ライフは、やや向上したかな。

ま、しかし、そんな家でも再度訪れると(今は人手に渡ってしまったけれど)、感慨深い……。
…ってことになるのかなぁ…と思ったけれど、いや、そんなことはない。
二度と思い出したくもない住居であった。爆

親友と別れることに傷心だった息子も、「大学が終わったら、カムデンで暮らす」とかいう、わけのわからない野望を胸に抱き、少なくとも、ドイツとイギリスと日本に「友」と言える人たちのいる環境に満足し、納得した様子。
10月には、ドイツの叔父のような友に日本で会えるしねえ。
この、血の繋がりのない「叔父」(ま、ワタシの親友なんだが)からは、MusicManのスティングレイのベースも、ちゃっかりプレゼントしてもらい、ほくほくの彼。
カホウモノデアル。

そうそう。悩んでいた中学校。
「帰国子女枠で編入可能です」…と連絡をくださった国立から、「帰国子女編入試験は、その生徒に、中学1年の国語、数学、英語が"日本語"で同校生徒レベルに理解できるかどうかを試すものであります」というお返事をいただいき、有難くパス。
英語は、中学1年のみならず、高校生程度のレベルがあるだろうけれど(タカビシャなワタシ)、国語、数学?無理、無理。
やっぱり、帰国子女とハーフ(ミックス)っていうのはまったく別物なんですね。勉強させていただきました。

小学校6年生の「算数」の教科書を見ていて、実はウェールズのセカンダリーの8年生ってば、日本の6年生の3学期分も終わっていない…ということを知り、親子で真っ青。
確かに日本の算数はこちらのそれとは比べ物にもならない速度…というのは、頭では理解していたものの、実際に目の当たりにして、愕然である。

少し予習させるべきか…と腕をまくるも、日本語で理解している私と、英語で理解している息子と、ドイツ語で理解している夫の間に、「算数」のタームの接点はないのであった。笑
とか笑っている場合では全然ないのだけれど、「明日悩める問題は、今日悩まない」主義になってしまいました。>引越し効果



(クリーニング会社が入った後)、「キッチン使うの面倒でしょ?これ、ランチ代わりにどうぞ」といただいたのは手作りのブラウニー。劇旨!
スコットランド出身の彼女。お祖母様直伝の、スコティッシュ・キャロット・ケーキも差し入れてくださり感謝感激。
See you somewhere sometimes!! > Lou

こうやって、友たちの好意に支えられて9年。
他の土地(フランス、ドイツ)に比べれば精神的に激戦地だったけれど、振り返ればやはり貴重な9年だった。
学んだことは忍耐、そして蔑まされても笑い返せる勇気。

唯一の後ろ髪引かれ隊は、この方(↓)だけれど、



ご近所のゲイカップルが世話を引き受けてくださることになったので、いまあるのは、別れの一抹の寂しさ。(…とか、かっこつけつつ、しっかり泣きましたが。)
ま、しかし。私もこの宇宙では野良猫のようなものなので、お互い、強く生きてゆこうぞ!

ではでは、日本のみなさま、こんにちは!
ヨーロッパのみなさま、また会う日まで!
行ってまいります。

関連記事

-26 Comments

tuguki says...""
南からふぉらにあの私は、なんと挨拶をすればいいのだろうか...。

みらさんご一家、特に、ご子息の日本での暮らしが楽しいものになりますように...。
2009.08.09 10:14 | URL | #- [edit]
tomio03 says..."よい旅を"
はじめまして。
4年前、ウェールズが舞台の小説を訳しているときに(翻訳業なもので・・・)偶然こちらを見つけ、以来こっそり楽しませていただいていました。
とうとう離欧されるということで、一言ご挨拶したくなり書いています。

ウェールズでの9年間、お疲れ様でした!

ご苦労、たくさんあったことだと思います。でも、ブログを通して拝見しているみらさんの日常は、ご苦労の中にもなんとか日々の楽しみを見つけようとされている工夫や心意気?がきらきら輝いていて、私はいつも読者としてわくわくしながらウェールズ生活を追体験させていただいていました。
今は私もアメリカ中西部の片田舎に暮らしていますので、辺境の異邦人としての苦労、ちょっとは分かるようになりました。
帰国されたら、まずはゆっくりしておいしいものをたくさん食べて、その上で体調も徐々に治っていくといいですね。
日本の良質なお味噌、お醤油、発酵食品を採って日光をたくさん浴びれば、きっと和製細胞は生き生きしてくれるはず♪

みらさんとご家族の、日本での生活が実り多きものになるよう、心からお祈りしています。
(長文失礼しました)

2009.08.09 11:58 | URL | #QA9AM3vI [edit]
Yumi says...""
みらさん。。。

9年間のウェールズ生活、みらさんにとって長いようで短いものだったのでしょうか?

みらさんのウェールズでのブログにお会いできて本当によかったです。普通、ブログを書いている方達は、ブログに載せるということで、良いことばかりしか書かないひとが多いけど、みらさんのブログは良い面も悪い面も書かれていて、私のように、ウェールズを訪れたことも、そこに暮らしたこともない人間にとって、いろいろ勉強になりました。

お互いに異国に長く住んで住んでみないとわからない事、土地の人との偏見や確執、みらさんのブログを読む度に、「そうそう、そうなんだよ!」といつも同じような事を感じていました。住んでいる場所はお互い遠く離れていたのに、同じような気持ちを持っていたのは不思議でした。

日本での生活のリズムが掴めて落ち着いたら、また日本でのブログでみらさんにお会いできるかしら?それではご家族みなさん、(特にみらさん)本当にお体には気をつけてね!
2009.08.09 18:04 | URL | #- [edit]
yukana says...""
こんにちは。

初めてのコメントですが、みらさんのブログの雰囲気が大好きで、
ちょこちょこお邪魔させていただいていました。

昨秋まで2年ほどCardiffに住んでいたので、いろいろと共感することや違いも感じながら。
ウェールズという同じく国とはいえ、Cardiffとは随分雰囲気も違うんだろうなぁ、と想像していました。

日本は暑いです。お体に気を付けて、まずは夏を乗り切って下さいね!
日本ではまたブログを再開されるのでしょうか?楽しみに待っていますね♪



2009.08.09 20:18 | URL | #- [edit]
Piggy says...""
みらさんこんにちわ。
欧州生活20年というのはまだまだひよっこの私には遠い年月ですが、本当に本当に最後のウェールズ生活お疲れさまでした。これから日本の生活もまたいろいろな面で大変だと思いますが、家族で楽しく過ごせる環境になると良いですね。
またいつかイギリスに戻ってくる、ことはないでしょうか?戻るとなると旦那さんの国へ、でしょうか~。たまにはイギリスに来て下さい~。
やはり美味しい日本食を安価で食べられるのことが羨ましいですが、(笑)お体に気をつけて日本の夏を過ごして下さい。また元気な姿をブログで見せて下さいね。
2009.08.09 22:13 | URL | #- [edit]
鮭 says...""
いよいよ日本に帰国なのですね。
9年の英国生活、お疲れさまでした。
そして、日本でお待ちしております。
気をつけていらしてくださいね。
Gute Reise!
2009.08.09 23:52 | URL | #JUGsyThY [edit]
Burngirl says...""
お疲れ様でした。
パートナーがウェールズ人(オージーのミックスですが)という事で、みらさんのブログにお邪魔させて頂く様になって、うん年?!
みらさんが日本へ帰られるというのは感慨深いです。
無事着かれましたか?
(先日はちょっと早まって、Have a safe flight!なんて言ってしまいました・・・かなりフライングでした・汗)
みらさん、そしてみらさんファミリーの日本での生活をこちらで読めるのをまた楽しみにしています。
(まずは最初は本当に大変だと思いますので、落ち着かれてから!と楽しみに待っていおります。)
息子さんも実りある生活を送られますように!
(NarutoはLiveで見られますね!笑顔)



2009.08.10 08:08 | URL | #JalddpaA [edit]
mk says..."お疲れさまです。"
引っ越し準備等、お疲れさまです。
日本は故郷とはいえ、環境が変ってお忙しいと思います。
なるべく疲れが出ません様に、、、お体に気をつけください。

南の島から応援しています。
ステキな写真と、センスのいい文章をいつも楽しみにしています。
2009.08.10 11:08 | URL | #CX5fjf.c [edit]
foxryo says...""
両手を広げて、お待ちしておりますv-91
2009.08.11 03:17 | URL | #- [edit]
ぴよ♪ says..."ご無事のご帰還を(*^^*)"
みらりんとネットで初めて会ったのは、ドイツからウェールズへのお引っ越しでバタバタしてます、って頃だったと思います。
それから、えっ!9年も経つの?マジでびっくり☆
日本へのご帰還、実際は国内と言ってもめっちゃ遠いので(^^;頻繁に会えないことはわかっているのだけど、会える可能性が高くなったようでやっぱりうれしいわ(*^^*)
今の日本は政治的にも経済的にも胸を張れる状況でないのがとても残念だけど、みらりん一家を包む環境がどうか温かいものでありますようにと心から願います☆
だって、だって、あなた!滞日経験のあるじゅにあだけじゃなく、ダーリンさまも(!!!!!)日本での生活を始められるのよ!(わかったはるっちゅうねん^^;)
外の国から来られた方にも、日本で育つ子供たちにも、日本のいいところを見てもらえるような社会になるように、祈ってます☆
また、たこ焼き(私はタコ抜き♪)食べに大阪に来てね(*^^*)/
2009.08.11 12:08 | URL | #- [edit]
ish says...""
色々な場所での生活は、ご家族の皆さん全員の中で蓄積され、これから色んなものを作り出していくんだと思います。それぞれのブレンドがどんな味を出していくのか、楽しみですね。
変なアドバイス?ですが、あまり帰郷とか思わずに、また別の国で生活するんだと捕らえたほうがいいんじゃないでしょうかw
これからもどうぞよろしくお願いします!
2009.08.11 22:11 | URL | #TY.N/4k. [edit]
みら says...""
> tuguさん
きゃあ、ありがとうございます!
出発直前に読んで爆笑させていただきました。
南からふぉらにあから、いつも笑いと美味しいものをありがとうございます。

いまだ不安いっぱいですが、早く慣れるよう、がんばります。美味しいものだけはどうやら豊富のようです(>日本)。うふ。
2009.08.12 22:23 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> tomio03さん
はじめまして!そして温かいメッセージを、どうもありがとうございます。
そうでしたか。ウェールズが舞台の小説。ご縁に感謝いたします。

確かに日々試行錯誤で、文句あり涙あり笑いあり諦めありでしたが、それでも前向きに生きてこられたのは(←表現がやや大げさですが…笑)、このブログとこの場所を通してたくさんの方に(バーチャルに)お会いできたからかもしれません。

あはは!確かにそうですね。日本の美味しいもので、和の細胞が生き返るかもしれませんね。堪能したいと思います。

> 辺境の異邦人
素敵な表現!
確かにこの感覚は、経験しないとわからないものがありますよね。
「辺境の異邦人」OB会があった折には、ぜひ参加させてください(笑)。

これからは日本からですが、またお時間ありましたら、ぜひ遊びにいらしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 22:35 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Yumiさん
ありがとうございます!

ウェールズの9年は、確かに振り返れば、短かったような気もします。
が、やはり大きな9年間でした。家族それぞれにとって。
ウェールズに暮らさなかったら、ヨーロッパを出る決断も下さなかったであろうことを思うと、
貴重な年月でもあったのかもしれません。

私もYumiさんとブログを通してお会いできて、嬉しかったです。
共感は私も同じですよ~。
ほんと、住んでみなければわからないことって多いですね。
この経験が今後生かせれば良いのですが、喉元過ぎれば・・・にならないよう、気をつけたいです。

いろいろお世話になりました。
また日本からもぼちぼちアップしていきたいと思いますので、ぜひまたどうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 22:57 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> yukanaさん
はじめまして!こんにちは。
コメントありがとうございます。
わぁ、うれしいお言葉、恐縮です。

カーディフはほんとに便利ですよね。ロンドンまでも近いし、スタバもあるし(またどうしても、そこに戻る私。笑)、イングランドの香りもしますし。
イングランドとウェールズの差、そして、ウェールズの北・中部・南の差を知ったのも、やはり生活したからこそ・・・かもしれません。不思議な場所でしたが、離れてみると懐かしかったりもします。あはは。

そうですね。また日本からも少しづつ書いていけたらいいな…と思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 23:02 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Piggyさん
こんにちは!そして、いろいろお世話になりました。
そうですね、環境を整えるまでにもう少し時間がかかりそうですが、ゆっくり前進していきたいと思っております。なんせ、夢見ていた日本食が目の前にあるんですもんね(笑)。

息子は、既に再訪英を計画しているので、一緒に遊びに行くこともあるかもしれません。
そのときはどうぞいろいろ教えてくださいね!
またどうぞよろしくお願いいたします。

2009.08.12 23:08 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> 鮭さん
ありがとうございます!
日本のどこかで、お会い出来るとうれしいです(きっと、すぐにお会いできるような気もするのですが・・・。あはは。謎)
鮭さんのドイツ情報も、楽しみにしてますね!

2009.08.12 23:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> Burngirlさん
こんにちは!!
ほんとに(ブログで)お会いしたのが昨日のことのようです。あっという間でしたよね。
(そして、あちらでも再会できて、うれしいです~。うふ。)

無事に到着はしたのですが、そして、蒸し暑いけれど涼しい夏に驚いているのですが、
引っ越し癖が抜けなくて、到着直後から掃除してます。馬鹿です。orz

いえいえ、私も思わせぶりな記事を続けてアップしてしまって、申し訳ありません。
珍道中は日本でも続きそうな予感なので、もしよろしければ、またお付き合いくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 23:16 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> mkさん
ありがとうございます。
そうなんですよね。身体が・・・というよりは、精神的に環境の変化が大きくて、大きく揺れておりますが(情けない)、体調を整えて、また気持ち良く出直したいと思います。

いつか家族で南の島を訪れるのが夢です。
そのときはぜひいろいろ教えてくださいませ。
またブログにお邪魔させていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 23:19 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> foxryoさ~~ん!
ありがとうございます。ぜひ近いうちに再会を!!(祈)
2009.08.12 23:20 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ぴよ♪しゃん
ありがとうさんです。
そうだったか、ぴよ♪しゃんとの歴史も9年!!
あっという間だったよね。ほんとに、ほんとに、ほんとにお世話になりました。言葉では表せないほど感謝しております。いつも支えてくれて、どうもありがとう。

うんうん。息子が大阪と、かっこいいぴよ♪ご子息のファンなので、
近いうちに遊びに寄らせていただくことになると思います。
そんときは、また付き合ってください。
男前のだんな様にもどうぞよろしゅう(はぁと)。

あはははは。うちの夫氏もうまく日本に馴染めるといいよね。
良いところも良くない面もあるのはどの国も同じだと思うのだけど、(完全を求めたら、お伽の国に行くしかなくなるもんね)、そのどちらも、受け止め方次第にもなるので、うまく濾過する心を持てるようにも、自分たちを鍛え直しておくわ。
また、いろいろ教えてください!!
再会を楽しみにしています。♪

2009.08.12 23:32 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ishさん
含蓄のあるコメント、ありがとうございます。
まさにその通りだと思います。

ええ、ええ。自国に戻る…と固く考えるのでプレッシャーになるのですが、
別の国で生活する…と考えると、幾分楽になりますよね。

人間、明日のことはわからずです。
いつ何が起こるかもわからないので、いまの生活を十分に楽しみたいと思います。
こちらこそ、またどうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.12 23:36 | URL | #mQop/nM. [edit]
shibako says...""
こんにちは。以前にお母さまのことを書いた日記にコメントをさせてもらったものです。ケンブリッジで日本語教師をしています。
ときどきのぞかせていただいていたのに、読み逃げで申し訳ございません。

みらさんご一家の帰国(移住?)のニュースに驚きました。大きな決断だと思いますが、何処でも三人一丸で頑張ってゆかれることを応援しています。とくに息子君、日本社会にすんなり馴染めますように。

みらさんのブログの雰囲気がとても好きです。日本でもブログを続けていただけたら嬉しいです。
2009.08.13 21:00 | URL | #- [edit]
ミスク says...""
いつも愛読させていただいています。
今はウェールズと日本の間のどこかでしょうか。
日本にお帰りなさい!

・・・と言いたいところですが、
水を差すわけではありませんが、
なぜ帰亜を考えられたのか、
もし過去にそれにふれていらっしゃるスレがあったら、
教えていただけませんか?
私にとって日本を見直す機会になるかもしれませんし。
私自身、日本に住んでいて日本以外に住みたいとは思いませんが、
欧州暮らしが長いとのこと、日本にお帰りになったらギャップも大きいでしょうし、
なぜイギリスやドイツでなく日本なのかな・・・とは思います。
もちろん、無理に理由を公開なさらなくてもいいですけれども。

まとにかく、たった今の時期の日本(というか東京)はお勧めしません。
生きていることがのろわしくなるほどの暑さ、湿気・・・。
9月までガマンガマンの日々です。
2009.08.15 12:40 | URL | #o2hc0IC6 [edit]
みら says...""
> shibakoさん
こんにちは!ご無沙汰いたしております。
コメント、ありがとうございます。

ええ、もちろん覚えていますとも。
実は私も、ブログに時々お邪魔させていただいてます!

そうなんですよね。まだ自分でも実感がないのですが、移住になりました。
…が、もしかしたらまたヨーロッパに戻るかもしれません(笑)。
日本、全然慣れません(あはは)。

ブログ、どうしようかなぁ…とも思ったのですが、やはり続けていこうと思っています。
またこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
2009.08.15 13:01 | URL | #mQop/nM. [edit]
みら says...""
> ミスクさん
こんにちは!コメント、ありがとうございます。
いまは日本におります。

特に「これ!」といった明確な理由があるわけではないのですが(すみません)、息子の日本語教育、私の家のこと、日本の家族のこと、夫の仕事のこと…等が重なり合っての移住となりました。
息子の中学編入に関しては、今年が本当にデッドラインだったので、今を逃したら「あとで後悔」することも多いかな…と。
以前、そんな記事を書いた覚えがあるのですが、どこに行ったか探せなくなってしまいました。今年の過去記事にあると思います。

日本、実は全然慣れません(苦笑)。
外から見るのと、実際住んでみるのとでは、自国とはいえ、かなりの違いがありますよね。
離れ過ぎました。
2009.08.15 13:38 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2170-dbb6c4a9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。