スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さつま芋スティック

Posted by みら on   4  0



今朝、ナオコさんち(デジデジ日記)で拝見して、あまりにも美味しそうで、速攻で作ってしまった、さつまいもスティック。

切って塩水にさらして、小麦粉まぶして油で揚げて、グラニュー糖まぶして、新聞紙を折って作ったレトロ袋に入れてみたら、結構好評でした。:)



新年ついたち、アメリカ友と何気なくはじめた会話が、神と宗教と言語の話に発展し、(ちなみに彼はかなり敬虔なカソリック。でも、わりとオープンで、dogmaticじゃないタイプ)、それが、文章びっしりな長文メール交換の延長戦となり、結局、本居宣長を読み返し、さらに今日は、新渡戸稲造先生に進みました。苦笑
ついでなので夫も巻き込んで、仕事にも新年にも関係のないことを、よく喋り続けた三が日。(まだ続きそうなんだけど。)

神といえば、一神教の神をあらわす場合は「God」と大文字で、ギリシャ神話なんかの多神教の神を表現するのは小文字の「god(s)」なんですよね。
しかしつくづく思うけど、神道の「神々」や、日本人が日常的に使う「神」という言葉は、[gods]と英訳したら、結構な誤解を生みますよね。これは「Kami」とそのまま訳すか、何か別の表現を使う方が説明しやすい。
日本はやはり奥深いです。
関連記事

-4 Comments

まき says...""
みらさん、新年明けましておめでとうございます。ずっと前に一度コメントさせていただいてからご無沙汰してました。日本に住むことになられたんですね。かなりの閉塞感を感じてらっしゃるご様子… 日本式サービスについては、素晴らしいけど、丁寧すぎて奇妙ですよね。私はカナダ在住で、2,3年に一度ぐらいに里帰りするんですが、一番奇妙に感じるのはスーパーでレジ打ちの人がそれはすごく丁寧にお礼してくれることです。でも育った環境に慣れるのは意外に簡単で、2週間ぐらいしたらそれにも慣れます。

みらさんやだんな様が日本社会で働いたり、息子さんが日本の普通の学校に通われる苦労が伝わってきます。でもね、日本の価値観を息子さんが学ぶのは悪いことじゃないと思いますよ。リベラルな家庭で育って色んな国で生活されてきた息子さんですもの、数年日本の学校に通ったってへこたれはしません。マイペースで行けばいいんです。後で振り返ったとき、『日本の学校って色々理不尽な校則とかあって不自由なこともあったし、漢字も慣れるまでは苦労したし、でも… 』とその後色々いい思い出も浮かぶこともあると思います。これからいい友達との出会いもきっとあるでしょう。どうしても合わなかったらインターナショナルスクールとかWay outがきっとあると思います。応援してます。このさつまいもスティック、お砂糖のまぶし方が絶妙においしそうですね!
2010.01.06 04:46 | URL | #- [edit]
みら says...""
> まきさん
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

> リベラルな家庭で育って色んな国で生活されてきた息子
わーっはははは。笑わせていただきました!!
リベラル過ぎて困るのですが、ま、しょうがないですよね。爆

良いとこどりをするように言い聞かせてます。好きなコンサートを見られる確率は、東京のほうが絶対的に高いので、日本、気に入っているみたいですよん。
しかし頭の中が完全に英語脳なので、見ていると興味深いです。
私から生まれた子供ですが、育った環境っていうのは、ほんとに大きいものですよね。はい。
2010.01.06 21:18 | URL | #mQop/nM. [edit]
yumi says...""
みらさん、こんにちは。
みらさんが作ると何でも美味しそうに見えてしまうのはどうしてでしょう。笑

宗教のお話のこと、ちょっと書かれていましたが、私は今年に入ってから、Tibetan Buddhismに興味を持ち始めました。
新年は4日間続けて、Tibetan Buddhist MantraとPrayerの勉強に行ってきました。
実は、私、大学で哲学専攻で、哲学と宗教はかなり繋がりが深く、宗教科目も幾つかとっていたんですが、そのときは、面白いと思っても、自分でそういうものに参加するまでではなかったけど、最近はとても興味あります。

息子さん、学校の方、どうですか?
確かに日本での来日アーティストのコンサートに行ける機会は多いですよね。
好きな音楽関係でお友達も広がっていくといいですね。
2010.01.17 04:26 | URL | #6.AaZ5Pk [edit]
みら says...""
> yumiさん
こんにちは!ありがとうございます。
おお、奥深そうですよね。>Tibetan Buddhism
私も、アメリカ人の彼(カソリック)との宗教談義はいまだに続いていて、これ、ほんとキリがないんですが(笑)、アメリカという国も、また宗教を軸に動いている場合が多ですよね。いろいろ勉強になります。
哲学専攻されてましたか。
なんだか、うちの夫と話が合いそうです。笑

息子は、学校(特に校則)に反発することにアイデンティティを感じ始めているようで、
しかし根が真面目なので(私似、うそうそ、夫似)、自己内ジレンマに陥っているようです。
けれど、今まで以上にクールになってしまいました。
いいんだか悪いんだか。ですね。
お心遣い、ありがとうございます。
2010.01.20 01:03 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2210-5937e693
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。