スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウノトリ -Stork-

Posted by みら on   1  0



昔「Plaudite!」というベジタリアン・サイトを運営してまして、当時はまだEmailよりもFaxで(笑)、ホームページがぼちぼち盛んになりはじめた時期だったような気がします。そうそう、掲示板(BBS)やサイト内の日記っていうのも活発でしたよね。
で、息子が生まれたばかりの当時(14年前か…笑)は、私もデジカメなど持っておらず、35mmで撮影したものをスキャナーで取り込むような画像スタイル。でもね、近所に巣を作って子育てしていた「コウノトリ(Stork:Storch)」だけは「デジカメで撮って、画像アップしたかったなぁ~」と、英国に移って「デジカメ当たり前(笑)」の時代になってから思ったものでした。

そんなわけで昔住んでいた郊外のヴィレッジにS-Bahnで帰ったときも、向かったのはコウノトリの巣のある角の家。
(*昔はDBでごとごと行くのみで、S-Bahnなど通ってなかったんですけどね。でも2000年のEXPO以降は新システム。だいぶ快適になってました。主に市内を走るU-Bahnは車種も新しくなってさらに快適に。)



この角の家までは、私たちの住んでいたところから徒歩2分。シュパーゲル(ホワイトアスパラガス)の季節になると同時に、コウノトリのつがいと赤ちゃんも観察できたのでした。古き良き思い出。

しかし、10年ぶりに自分が子育てしていた家に帰るっていうのも奇妙なもので、懐かしいのだけれど、でも同時に時間を感じないというか、10年が一瞬にして縮まったような感覚でした。昔の大家さん(この家は、ご主人が土台からすべて建てたものなんです)にもご挨拶し、ご近所だった友たちとの再会を喜び、唯一違っていたのは、大人に成長した子どもたちだったでしょうか。
「時」って止まることがありますね。





息子が、生まれてから幼稚園まで通った家。いまでは違う方が住まわれてますが、でも外観は全然変わってない(笑)。
今回はハノーファー市内にいたので、このヴィレッジは3度ほど訪れただけでしたが、次回は息子も連れて来たいかな。
関連記事

-1 Comments

sarasa says...""
みらさん
ブログが更新されていて嬉しいです!ツイッターをするほどマメでない私は、周りがブログからツイッターに移行していき、ブログが消滅したり更新されなくなったりするのに淋しさを感じておりました。みらさんのブログも更新されなくなっていたので、あまり見なくなり、今日たまたま開けてみたら、更新されているではないですか!しかも懐かしのコウノトリ!
日本では見られない(北海道の方にでも行けば見られるのかな?)光景ですよね。ポーランドではよく見かけたコウノトリ、懐かしいです!!
それにしても、改めてドイツの家ってきれいですよね。清潔という意味で。以前、ポーランドからドイツを通ってバスでフランスに行った時、旧西ドイツに入った途端、すべてがすごく清潔で整然と並んでいるのに、雑然としたいろいろ散らかったポーランドから来た私は、感動さえしたくらいです。ここまできれいだと汚せないという緊張感で背筋が伸びたような。いまだどうやればあそこまできれいさを維持できるのか、私の中では謎です。
2010.05.09 06:59 | URL | #Pmphh1lM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2225-fd9ac1e5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。