スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりなき食欲 - Endless Appetite

Posted by みら on   1  0

(*いまだに...という感ありですが、ドイツ記をもう少しだけ。)
食欲が底なし(笑)だった今回のドイツ。
思えば英国時代からシュパーゲル(Spargel=ホワイトアスパラガス)をはじめドイツ食を懐かしんで時々Lidlで買い物をしたりしていたわけで、約10年ぶりにドイツに降り立って「きゃあ~、悔いの残らないように食べておこう!」となるのも自然の摂理...と。笑

加えて数か月の日本生活で「なんでチーズがこんなに高いわけ?!」と涙目になっていたところで改めて実感したのが、ドイツでのチーズ(+ビール)の豊富さと安さ。初日からチーズ三昧となりました。

で、着いた日の翌日、仕事が終わってからハノーファー駅の「馬」の前で待合わせしたのがこの方。ウェールズ時代は同じ町の"すぐそこの角"(笑)のご近所同士で、そして2年前の彼女のご転勤先となったのが、まさに私の住んでいたハノーファー。
子どもの年も同じでそして「おお!」ってな共通点もあり(ふふふ)、素敵なご縁は今回もハノーファーだけにとどまらず、ハンブルグでもお世話になったのでした。(ありがとうございました!)

ふたりで行った先は、Paulaner
もともとヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)大好きだし、ここは肩も凝らないし...ってことで、久しぶりに盛り上がりましたん。飲むだけでも十分だったけれど、つまみはやはり「Käsebrett mit Gewürzgurke und Brotkorb」。



食べ切れないくらい美味でございました。(もちろん、生玉ねぎはよけましたが)。そして"話"が特に美味しかったです~。Sさま、また近いうちお会いしましょう。

----------
Paulaner am Thielenplatz
Prinzenstraße 1,
30159 Hannover
----------

それから今回は、Good Old Friendsたちとの再会(...とはいえ、昨年秋と今年のはじめに既に東京でも会っているのだけれど...w)も満喫。もう20年近い付き合いになるので、彼らといると心の故郷に帰る...ってな感じになりまする。
ICE(..."In case of emergency"ではなく"Inter-City-Express"ね...って、わかるってば。笑)でベルリンから来てくれた友とはハノーファー駅で待合わせ。「朝ごはん食べようぜ」ってことで駅構内を移動していたら、なんと偶然にも知った顔に遭遇!
彼はちょうどこの日からはじまったUFOのヨーロッパツアーで、初日のハノーファーにちょうど着いたところ...という偶然。3人合流で朝食ということになり、「それなら、ハノーファーで一番美味しいと評判の寿司屋に」と、朝から寿司。w

行った先は、駅構内の「Tokio Sushi」。



駅構内とはいえ、ここは在ハノーファー人からもよく名前を聞く寿司屋で、「新鮮で美味」と評判。寿司だけでなく、うどんや天ぷらや韓国料理もある、ミックス・アジアン系。後日テイク・アウトでも利用しましたが、相棒にも評判良し。確かにドイツで食べるお寿司としては結構美味かも。

----------
TOKIO SUSHI
Niki-de-Saint-Phalle Promenade 73
30159 Hannover
----------

その後、場所を移して、「居心地の良いカフェ」としても有名なCafé Mezzoへ。

----------
Café Mezzo
ListerMeile 4
30161 Hannover
----------

ここでベルリン友とふたりで、ちょっと込み入った話をしてそのあとは郊外の親友宅へ電車(S-Bahn)でごとごとごと。
最近必要に迫られて(ま、クレイマー・クレイマーだな)「男の料理」を研究している親友が、ランチにと用意しておいてくれたのが、スパイスの調合から手作りの、男のカレー。



レシピ元はまったく違うけれど、ジェイミー・オリヴァーをふと思い起こさせるようなインディアン。(きっとスパイス配合が似ていたんだな。)大変美味しゅうございました。
で、こういう親友たちとは何年距離があろうとも、結局あうんの呼吸になるわけで、あとで合流した"もう一人"の親友と4人で、笑みの絶えない一日となりました。こういう関係って、私くらいの年になるとほんとに貴重なんですよね。彼らの存在に感謝。

その晩は、UFOの楽屋に遊びに行って、昔の仕事仲間に再会。こちらもほぼ15年ぶりくらいで、しかし音楽業界って、みんな年の取り方が遅いので、経た年月、まったく感じず。笑

...と、ここまで読み返すと、「自分史の旅」みたいな回顧番組系になりそうですが(...)、今回はそれだけでなく、新しい友たち(1.5世代下...笑)と一緒の時間が多かったんですの。
で、彼らとの仕事後、深夜過ぎに全員くったくたになりながら入ったレストランで私が白ワインとともにオーダーしたのが、「ドイツっていったらこれよね」(←私の場合)の「Kartoffelpuffer mit Apfelmus」。



「深夜に食べるか?!」ってな感じの量とカロリーでしたが、もちろん完食。で、帰りは相棒の車の中で熟睡。爆
...そんなわけで、「ドイツで食べたものの5%記」(わはは)でした。

【余談】
この文章を書きあげるのに実際2週間以上かかり、さらに先ほど書いたものの半分が消えてしまって書き直し。あぁぁ。140字に慣れ過ぎか!?(笑)というのもありますが、でも日本にいるとやっぱり時間に「追われる」感があるんですね。同じ24時間でもUKでは、その中に「時々止まったりゆっくり動く」時間っていうのが確実にあって、気持ちの余裕も違っていたように思います。
今回のドイツでも、仕事を離れてただ「ぼぉーーーーっ」とできた時間があったんだよなぁ…と、しみじみです。
関連記事

-1 Comments

あきこ says..."No title"
あー、ほんとに美味しそう。
日本はほんと、チーズもビールも高いですね。
野菜も果物もだけど。
あちらでは、おやつ代わりにニンジンとか果物をよく食べたけど、
日本じゃそんなわけにもいかず・・・。
2010.05.27 12:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2227-c448a9cf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。