スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港 - マルコポーロ

Posted by みら on   0  0



直前まで国内出張だった今回。フライトは夜移動できる羽田発着で。
ANAビジネスクラス。
2月に入ってからくそ忙しく身体もバテバテだったので、たかが4時間といえどもビジネスクラスは極楽でございました。感謝。ラウンジではエスプレッソ抱えて、ずっとメールに追われていましたが。

蒸しあぢぃ~香港国際空港で英人相方と合流し、マルコポーロ香港ホテル(Marco Polo Hong Kong Hotel:馬哥孛羅香港酒店)へ。
とにかく立地が良いからとここを選んでくれたのですが、ほんとに便利過ぎてホテルとそれとここに連結しているハーバーシティ(Harbour City:海港城)で過ごす時間が多かったなぁ。



ザ・コンチネンタルクラブ(The Continental Club)フロアのクラブルーム。ハーバービュー。
マカオ行きフェリーを真下に見下ろす広い18Fの部屋は島側ビューも最高。しかしなんといっても17Fのクラブラウンジが、朝食~ティー~カクテルタイムまで見事に充実していて満足度異様に高し。サービス良いし美味しいし寛げるし酔えるし(違)、外に出る必要がほとんどないほど。滞在中はここでずっと、プライベート+多少仕事。



あいにく4日とも香港は曇り空に時々雨で、島側も霧に包まれていることが多かったのですが、でもお部屋が素敵だったし文句なし。

香港。
こんなに西と東がミックスしている光景をこれまで見たことがなく、東と一口にいっても、人種から宗教までの「るつぼ(Melting pot)」度がすさまじい。いままで経験したことのないような衝撃を味わいました。いくつもの川や河が合流して濁流になって海に流れ込んでいくように、軽くこの人種壺の中に紛れて人ごみの中に紛れることも可能だし、でも自分が誰か知らないと簡単にアイデンティティ失うような、そんな感じかな。
「今の何語だった?」な問いかけを相方とやってみましたが、東南アジア言語は(当然のことながら)からっきし無理。西欧人を見分けるのはなんとか自信があったもののアジア人には圧倒され続けてました。(ま、私ももちろんアジア人ですが。)いままで日本の外に目を向けていたつもりでいたけど、まだまだ甘いよなと改めて実感。それにしてもアジアの女の子たち、美しい。なんなんでしょうね、この目を見張るような深さと華奢なのに凛とした冷たい感のある美しさは。なんかこうひとを無力にさせますね。笑

無力感といえば、その国の言葉がまったくわからなかったという旅もはじめてで、ヨーロッパ各国でもロシアでも一通り意思の疎通だけは図れたのですが、今回はまったくもって無理。もちろん普通に英語が通じるし、書いてある文字の理解は少しはできるものの、でもきちんと発音できないし、こういう無力感もはじめてでした。

とはいえ、かなり気に入りました。香港。
アジア開眼にもなりましたね。
この機会を与えてくれた運と人生の気流と相方に感謝です。ありがとう。

Marco Polo Hongkong Hotel
Harbour City 7 九廣東鐵 Hong Kong
+852 2113 0088



#最初の写真の1881 Heritageは、ホテルの真横にあり、いろんな方のブログでも紹介されていたので一度行きたかったのですが、今回は何度も前を通ったものの縁なしでした。残念。次行こ!笑
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2246-692ec972
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。