スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港 - 南北樓

Posted by みら on   0  0

いきなりの香港ということで、香港通の親友に出発前に半日レクチャーを受け観光やら美味しいものの場所の手ほどきも受けたのですが、前のエントリーでも書いたように、ホテルのクラブ・ラウンジが充実し過ぎていて、もともと観光lazyで高めのヒールだったのも手伝って、実は外出頻度がやたら低かった今回の香港。笑

外食も2回のみで、うち一回は四川料理で次がインディアンレストランという、およそ香港とはかけ離れた選択。だって辛いの、好きなんだもん♪

それでも四川料理(Szechuan cuisine)はもともと行くつもりでいて、下調べもして何店か候補も絞っていたのですが、日曜日の朝、朝食のコーヒーとスイカジュース(これがやたらに美味ですっかりファンに)を摂りながら新聞を広げていたら、いきなり目についた広告が四川料理レストランのもの。「ここにしようか。これならスターフェリーも乗れるし」と相方と単純に合意し日曜ランチは決定。安易。(ちなみに新聞に載っていたディッシュはエビチリでした。笑)

それが、銅鑼灣(Causeway Bay)にある「南北樓」(The Red Pepper Restaurant)。
そのときはまーったく気が付かなかったのですが、帰って来て調べてみたら、老舗の有名店だったんですね。あらら。
日本だと「しょこたん」「エビチリ」のキーワードで有名だそうですが、私なんて、しょこたんて誰?の世界なので、それも知らず。
で、私、実はそんなにエビチリのファンではなくて、どちらかというと担担麺とか酸辣湯派なんですが、何を隠そう前日の晩に飲み過ぎて胃がアップセット状態だったため、オーダーは相方に任せて、ビールで迎え酒。

5人前はあるだろう?!な酸辣湯も、取り分けてもらった一人前さえまともに入らず(うう)。
で、次に来たのが、宫保鷄丁(Diced chicken with pepper and cashew nuts)。鶏のペッパーとカシューナッツ炒め。



写真撮るのも食べ始めてから思い出したくらいなので、不完全写真ですみません。
えーっと、これはイマイチ。

で、次に名物エビチリ。鐵板蝦球(Sizzling chili prawns)。
席で目の前で鉄板に乗せてじゅっと再グリル。



ファンではないの、とか書きながら、でもこれは正直旨かったです。エビが大きくてぷりぷり。セロリが素敵でまる。マイルド。
ん~~、人気になるのもよくわかりますです。はい。素直にお勧め。

次が、麻婆豆腐。



普通なのかもですがお豆腐が酸っぱくて、私にはちょっとイマイチ気味。

お昼を十分に過ぎた時間にお邪魔したので店内は私たち以外に一組(日本人)くらい。
のんびり静かにお食事できました。
で、今頃になって気づきましたが、担担麺も炒飯類も食べてこなかったし....... orz
でも、エビチリ美味しかったので満足です。

南北樓 The Red Pepper Restaurant
7 Lan Fong Road,, Causeway Bay
銅鑼灣蘭芳道7號地下


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/2247-c1c0880a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。