スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

synaesthesia -共感覚-

Posted by みら on   6  0

Why some see colours in numbers (BBC)
Synaesthesia (BBC)

Synaesthesia(シネスティージア)。
「共感覚」と訳されますが、言葉や数字や音が、ある特定の色に見えたり聞こえたりすることです。たとえば、普通の白紙に黒いインクで書いてるものでも、「A」は「赤」に見えて、「S」は黄色になるとか。もしくは「ド」「レ」「ミ」…それぞれの音階が"色"別できるとか。あるいは、何か「形」を見るとそれが味覚に変わるとか。
光が聴こえるうちの夫とか、音階がすべて色分けされるうちの義兄のような強いSynaesthesiaを、私は持ってませんが、でも「名前」に対しては、結構はっきりと色や音が見えたり聴こえたりします。ものが「味覚」になるっていうのもあるな…。(あ。私の場合、単にすべてが食べ物に結びつくっていうだけか…(笑)。)

言葉や音に色が見える――共感覚の世界

関連記事

-6 Comments

symzak says...""
ふ~む難しい話題ですが、私も音に光りの強弱や色を感じることはありますね。脳内世界って本当に不思議です。
名前の色ってどんなかんじなんでしょう?
みらさんの色は?
2005.03.25 05:58 | URL | #dqSxK0ls [edit]
favourite says...""
わあ~またまたシンクロ!この話、私も書こうと最近ずっと思ってたんですよ。知人のお嬢さんは数字に色があって、私ははっきりとした色ではないものの絶対音感ゆえの不思議な(困った?)体験が多々ありまして。近いうちに書きますね。ダンナ様の、光が聴こえるってどんなかんじなんですか?
2005.03.25 09:33 | URL | #OVtA6OIQ [edit]
みら says...""
> symzakさま
おお!やっぱり音に色を感じますか!!
一度テストしてみたことがあったのですが(笑)、低い音が暗い色で高い音が明るい色っていう傾向が出てましたっけ。
特定の名前に、不協和音を感じることがあるんですよね。その人個人には何の他意もないのに、その名前を聞くと、不協和音とちょっと好きでない色が出てくるような感じです。
HNは、個性の強くない色で選んだような気がします。
でもほんと。人間の脳って不思議ですよね~。
2005.03.25 09:43 | URL | #- [edit]
みら says...""
> favouriteさん
おおお!!シンクロだ!!すごい。
そうか。favouriteさんも絶対音感持ってらっしゃるんですもんね。困る場面、あるでしょうね。記事楽しみにしてます!
うちのダンナの場合は、仕事に没頭したり、ずぼっと何かに神経を集中させるときに、いろんな現象が起こるらしいです。やっぱりいろんな「もの」が音になってしまうみたい。うちもシンクロすることが多い夫婦なんですが、共感覚は微妙に違ってますね(笑)。
2005.03.25 09:47 | URL | #mQop/nM. [edit]
symzak says...""
前のところにまたコメントしてごめんなさい。
↑のコメントレスの「集中するといろんな現象……」というのが私もよく起こっていて、演奏することを止めたら収まったんです。最近、趣味として再開したいと思いつつ、変なコトになるのもどうでっしゃろって思って躊躇したりします。もうオトナだし大丈夫でしょうかね。。。
2005.03.26 07:31 | URL | #dqSxK0ls [edit]
みら says...""
> symzakさん
おお。やっぱりありますか!!音に集中するのって一種のトランス状態作るようなもんですもんね。何が起こっても不思議じゃないあにかもですね。
「もうオトナだし…」って(笑)。わははは。いや、さらに感覚が鋭くなっているかも。
2005.03.26 09:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/276-00cfb63a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。