スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物?ワックス?

Posted by みら on   4  0

Prince Williamマダム・タッソー(Madame Tussauds)蝋人形館に新たにお目見えして話題になっている、キスにも負けない(笑)プリンス・ウィリアム人形。さあ、この写真で、本物はどっちでしょう?…いや、ほんと、ぱっと見、わかんないですよね。
そんな「本物はどっち?」当て。>> Who's the dummy?
そんなバカな…と思いつつやってみると、結構難しいです。あはは。ポッシュとベックスなんて、本物のほうが蝋人形みたいですし…(ひっ)。ジェイミーは蝋人形のほうがスリムだったりするし…(ふふ)。

「マダム・タッソー」って、蝋人形の固有名詞になってますが、マダム・タッソーとは、1761年にストラスブールで生まれた、マリー・グロショルツ(Marie Grosholz)のこと。後に、エンジニアのフランソワ・タッソー(Francois Tussaud)と結婚し、「マダム・タッソー」と呼ばれるようになるわけですね。
マリーは、母がメイドをしていたドクターの、フィリップ・クルティウス(Philippe Curtius)から蝋人形作りを学び、その後、ルソー(Jean-Jacques Rousseau)やヴォルテール(Francois-Marie Arouet Voltaire)をモデルにしたりして活躍し、ベルサイユ宮殿にも赴くようになります。そして時代はフランス革命期。ギロチンで落とされた首を家に持ち帰って、デスマスク作りもしていたそうです。(そのひとつに、マリー・アントワネットのものもあったとか。)
その後、1835年にイギリスに渡り、自ら展示とプロモーションをしながら名声を得てゆきます。1850年に亡くなったあと、彼女の仕事は子どもたちに受け継がれ、いまはロンドンの有名なツーリスト・スポットのひとつになっている…っていうのが簡単な歴史。

いまは、「タッソー・グループ(The Tussauds Group)」となって、英国でも最大のレジャー・カンパニー企業に発展しています。タッソー・グループの傘下には、うちの息子の好きな、Warwick Castleもあり。(余談ですが…。)

関連記事

Category : UK
Tag : UK

-4 Comments

にのちか says..."どっち~"
うわ、ほんとだ、分からん。
こんなによくできてるって知らなかったよ
2005.08.07 06:24 | URL | #- [edit]
みら says...""
> にのさん
だよね~。ほんとよくできてて逆に驚きました。
2005.08.07 07:03 | URL | #- [edit]
favourite says...""
TVでのニュースで完全にだまされました。きれいな女の子が抱きついてる映像に、これまた「婚約か!?」みたいなタイトルつけちゃうもんだから・・・。
2005.08.07 23:37 | URL | #OVtA6OIQ [edit]
みら says...""
> favouriteさん
あははははっ!!>婚約か!?
でも確かにあの写真は、ほんものっぽかったですよね。うんうん。だまされますよ。よくできてますよねー。
2005.08.08 00:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/546-faafa908
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。