スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boxing Day の伝統

Posted by みら on   0  0

First Boxing Day hunts since ban本日26日、英国はじめコモンウェルス(The Commonwealth of Nations, usually known as The Commonwealth英連邦)では、ボクシング・デイ(Boxing Day)と呼ばれ祝日。もともと使用人に贈り物をする日で、それが箱に入っていたから…とか、起源説はいろいろあるようですが(→Boxing Day: Origins)、いまでも26日の朝は、お金を箱に入れてポストマンに渡す習慣もあり、伝統は生きている…といった感じです。
…で、伝統といえば、この日はスポーツ・デイでもあり、昔からキツネ狩り(Fox Hunting)を行う日でもあったそうです。(狩猟やフィッシングはスポーツになるんだよね…。なんだかなぁ。)
ご存知のように、イギリス(イングランドとウェールズ)では狩猟犬を使ったキツネ狩りが法律で禁止されましたが、伝統を(良くも悪くも)重んじるイギリス人。法に従わないハンターもまだ多いらしく、キツネ狩りも各地で行われたようです。
>> First Boxing Day hunts since ban (BBC)
もちろん、法に則り、実際にキツネを狩らないオルタナティヴ狩を行った人も多かったそうですけど…。

そうそう。イギリスの食卓の伝統…といえば、明日あたりから、クリスマス・ディナーの残りで作った「ターキー・カレー」が続く…というのも習慣らしいですわ。
おせちもいいけどカレーもね…(古いか)というのとはちと違って、これ、結構つらいらしいです(笑)。

関連記事

Category : UK
Tag : UK

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/757-69952726
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。