スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St Clement's

Posted by みら on   2  0

恒例(…かよ!?)、土曜日の某クイズ番組ネタですが(笑)、
「オレンジ・ジュースとレモン・ジュースをミックスした飲み物のことをなんと言うか?」



…会場正解率100%のこの答え、知りませんでした。orz

正解は、「セント・クレメンツ(St. Clement's)」。

…が、しかし、やはり頭のどこかで鐘が鳴る…(笑)。
そうなんですよね。名前の由来は、ナーサリー・ライム(マザーグース)の'Oranges and Lemons'(北原白秋訳の和名は、「セント・クレメンツの鐘」)から。

Oranges and lemons
Say the bells of St Clements
You owe me five farthings
Say the bells of St Martins
When will you pay me?
Say the bells of Old Bailey
When I grow rich
Say the bells of Shoreditch
When will that be?
Say the bells of Stepney
I'm sure I don't know
Says the great bell at Bow
Here comes a candle to light you to bed
Here comes a chopper to chop off your head

日本の童謡もそうだけど、マザーグースの歌詞もやっぱりこわい…。

>> Saint Clement's

この「Oranges and Lemons」には子どもの遊びもあって、二人の子が手を合わせて作ったアーチの下を子どもたちがくぐり抜け、歌の最後で誰かが捕まる…という、「通りゃんせ」風なもの。
そういえば「通りゃんせ」も昔から、そしていまだにこわい歌詞のひとつだなぁ。
関連記事

-2 Comments

あすとる says...""
私もそういう名前だって初めて知りました~>オレンジとレモンのドリンク

マザーグースの歌の方は、大昔に萩尾望都さんの漫画で出会ったのが最初だった気が...その後大学の英語の授業でマザーグースを一通りやったのでその時にじっくり原文読みました。怖いですよね、これ(笑)

マザーグースとか聖書とかシェイクスピアとか、生活の中で暗黙のうちに誰でもわかる、みたいなものに時々出会うと、なんかしみじみいろいろ考えちゃいます。
2006.02.27 03:28 | URL | #vwylbK8w [edit]
みら says..."あすとるさん"
あすとるさんもご存知なかったですか!?>セント・クレメンツ
普段はあまり聞かないですよね。でもナーサリーライムからだから、イギリス人には子どもの頃からの一般常識なのかもしれないですね。
(こういうのが一番、外国人には難しいです。)

萩尾望都さん、懐かしい!!
あ。確かにマザーグースって、漫画の中でも結構出会いました。うん。
じっくり読むとこわいですね(汗)。

そうなんですよね。そういう点(暗黙のうちに誰でも…)が、マザーグースやシェイクスピアが、ずっと読み継がれている所以なのかもですね。
映画のプロット見て、「あ、結局これはシェークスピアじゃん」って思うことも多いですし、これは今後も根付いていくことになるんでしょうね。
2006.02.27 04:24 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/851-7f151877
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。