スポンサーサイト

Posted by みら on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校システムは複雑かもしれない

Posted by みら on   2  0

一昨日ドイツの義母から電話があり、子どものことで話をしていたら(…日常ドイツ語が鈍りかけているので骨折り…苦笑)、「もうギムナジウム(Gymnasium)でしょ?」と聞かれ、自分で混乱(笑)。
(…だよな。ドイツでは5年目からギムナジウムだから、いまYear5の息子は既にギムナジウムYearか?…いや待て。イギリスは一年教育が早いから、ドイツではまだハウプトシューレ(Hauptschule)の4年目だよな。)
…というわけで、「いや、もう一年あるよ」…と答えておく。

義母ならでは…だけど、「ギムナジウム→アビトゥア」の図式は既に"孫"の場合も「決定」であって、ここで「レアルシューレ(Realschule)」…とは来ない。なるほど。

-----
今日のUKのニュースに、先週の「The Apprentice」での、サー・アラン・シュガー(Sir Alan Sugar)の発言が問題になっていることが載っていた。
その発言とは、「This is not some further education college, you know, where dummkopfs come to learn to make mistakes」。
先週のエピソードでこれを聞いたときには、カレッジもユニも頭の中でごっちゃになって、ただ普通に「大学」のことかと思って聞き流していたけれど、でも違ったよ。サー・アランが言及したのは、「Further Education College」のことだったのね。
…で、この発言を受けて「Association of Colleges」が抗議文を送ったとのこと。
(でも実際、サー・アランの発言に同意する人も多いらしく、「だからなに?」っていう反応も多いらしいけど。)

…で、「FE Colleges」とも言われる、Further Education Colleges...とは何?というと、日本のサイトなんかでは、便宜上「専門学校」と訳されてるようで、詳しくはこちらをどうぞ。
私は英国の教育制度をいまだにしっかり把握していないので、実際のところはよくわからないけれど、これはドイツの「レアルシューレ」の延長線上にあるようなものなのかな…と漠然と感じ、話が振り出しに戻る…と。↑

しかし、各国での教育制度の違い…っていうのは、こんがらがるものだよね。
うちはとりあえず「初等教育」はウェールズで一貫して終わりそうなので(…途中、8ヶ月間の日本…ていうのはあったけど)シンプルだけど、転勤の多い方たちは、やっぱりいろいろご苦労があるんだろうな…と改めて思いましたよ。お疲れさまです。

関連記事

-2 Comments

あすとる says...""
ドイツの教育システムはそういえばそういう名前だったですねぇ(遠い昔の記憶を総動員中)。

各国で隙間が生じるからあちこち子連れで移動する人はほんと大変そうです(汗

みらさん、おうちでは旦那様とはドイツ語で会話しないの? 息子さんとはきっと英語と日本語のちゃんぽんなのかなーとは思うけど...

私は英語ひとつまともに使えないのでマルチ言語を扱う方はそれだけで大尊敬です( ゜┓゜) 私もせめてスペイン語もうちょっとなんとかして日常会話レベルに持っていきたいけどだんだん脳細胞が言うこときかなくなってきました(涙
2006.03.22 09:30 | URL | #vwylbK8w [edit]
みら says..."あすとるさん"
そうそう。ドイツもまた独特のシステム持ってますよね。
進学時に転勤とか移動とか、ほんとに大変だろうなぁ…と思います。いろんな国での生活は経験上は絶対プラスになっても、「進学校」なんかだと問題も出てきそうですよね。難しそう。

うちは家庭内は英語なんですよね。昔から。ただ私と息子は、彼が生まれたときから「日本語」です。(←強要…笑)
ただずっと日本語を話していると、夫が疎外感を感じるらしく、このあたりも大変なところです。
セカンダリーではドイツ語を第2外国語にするらしいので、もう少しバランス取れるかもしれませんが。ははは。

ヨーロッパ言語(英語以外)は、ひとつしっかり覚えてしまうと、あとはちょっと楽になりますよね。
2006.03.23 10:23 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tempest.blog3.fc2.com/tb.php/911-93a18587
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。